test-other

MP640プリンタの廃インク吸収体交換

CanonのMP640というプリンタ複合機の修理記事です。エラーは“インク吸収体が満杯に近づきました。OKで継続できますが早めに修理受付窓口に連絡してください”が表示されるというもの。このエラーが出るまえ、B200エラーでプリントヘッド交換の修理もやっているのでかなり長く使ってます。いよいよ廃インク吸収体も満杯になってしまったようです。表示のとおりOKで継続できるが、しばらく使うといずれ印刷不能になるらしいです。
・OKで継続しても電源オン毎に表示され鬱陶しい。
・印刷不可となってあわてて修理するのも大変。修理失敗で別途購入であわてるのもいやだし。
なのでお日柄良い週末に修理してみました。

インク吸収体のエラーについて調べると、修理には次の2つが必要とのこと。
a)満杯になったインク吸収体を取り外して新品に交換するか、インク吸収体を洗浄する(再利用)
b)プリンタのエラーカウントをリセットする。方法はPCからUSB接続して、専用ツールを使いプリンタをリセットする。
a)はわかるが、b)はエラーがインク吸収体の状態を見ているのではなく、ヘッドクリーニングなどのカウントで機械的に?出しているらしいのでそのためらしい。

b)は対した時間かかりませんでしたが、a)は大変でした。プリンタ分解してインク吸収体を取り出して洗浄、一昼夜乾燥させて、次の日に再取り付けになります。無事復旧したようですが週末土日つぶれました。乾燥に時間かかるので、もしやるなら天気の良い日にやるのが吉です。

とりあえず写真載せておきます。
・インク吸収体の満杯エラー

・サービスマニュアル(canon_mp640-service_manual.pdf)が検索であったのでそれを見て分解。外カバーとプリンタ上部のスキャナーを外したところです。取り外すねじの数は少ないのですが、かなり複雑な構造で、マニュアル無しで分解は難しいと思います。

・印字本体を取り外して、インク吸収体全体のの写真。タンクのイメージと思っていたら違いました。インク吸収体が底面の構造にそって複雑に敷かれている。この吸収体の隅々まで廃インクがいきわたってました。ちょっと感動?

・インク吸収体のすべて取り外し、バケツに水を流しながら、その中でインク吸収体をひたすらあらう。インクが飛び散ると後始末が面倒なので、風呂場にバケツを持ち込んでその中でやりました。吸収体が変形しないよう、そぉーっと洗うの良いらしいのですが、廃インクべったりで数が多く面倒なので押し洗いしちゃいました。

・洗ったインク吸収体を一昼夜乾燥した後です。もみあらいしちゃったので少し縮んだかも。

・一応、とりつきました。

もとに組み直し、MP640プリンタをサービスモードで起動した後に、USB接続したPCからservice toolを起動します。このservice toolからプリンタ内のインク吸収体カウンタ値をリセットします。
手順
1)サービスモード起動は、プリンタのストップ+電源ボタンを長押し、ストップを一旦離す、ストップを2回押す、電源ボタンを離す。
2)PC側、MP640専用のservice tool はないようで、ip3600_v2000.exeを使いました。ip3600_v2000.zipが検索見つかると思うので、解凍して実行します。
3)service toolのink_absorber_counter の項目を値0でセットして終わりです。

PCのキャプチャー画面です。これでMP640プリンタを普通に電源オンしてもエラーは表示されなくなりました。

・印刷もOKでした。
結論:無事復旧したようですが2回目はやる気が起きないレベル(コストはかかりませんがインク吸収体の再利用は大変)でした。。。
キャノンの保守修理ご担当の人は面倒でしょうね。でも修理に出すより新機種買い替えユーザーが多いと思うので、こういう面倒な構造でもやっていける(修理依頼が少ない)のでしょう。

“MP640プリンタの廃インク吸収体交換” への 4 件のフィードバック

  1. 修理している人は結構いて情報はあるのでやれると思いますが、手間がかかるので知り合いなどからの修理依頼は受けないほうが良さそうです。

  2. service toolのink_absorber_counter セットまでしましたが ERROR 0006  が出てしまいリセット出来ません

  3. ERRORコードの意味は残念ながらわからないです。サービスツールは各種あって、どれがどのプリンターが適合するかがわかっていません。順次確かめるしかないと思いますが、ink_absorber_counter 以外はあまり弄らない(見るのは良いがセットは慎重に?)ほうが無難と思います。
    実は別件で、サービスツールの機能を確かめようと、いろいろ弄ったらプリンターが起動しなくなり死亡しました。おそらくプリンタ内部のファームウエア壊したと考えてます。
    入手したツールのアプリケーション名(2・3試しただけです)
    ServiceTool_V1050.exe
    ServiceTool_V2000.exe
    Service tool v3400.exe
    Service Tool-aV700.exe
    ST_V3600_resetters.exe
    ST4720.exe

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中