Site management

ただいま、工事中です!

なかなか、修復気力が起こらずです。_| ̄|○スイマセン

http://petersworks.mydns.jp/homepage/ は閲覧可能です。

2019-10-19追記

今年4月にバックアップしたデータからの復旧です。抜けている記事はおいおい復活予定です。固定ページはどこだったかなぁ???

2019-11-3追記

一応、修復終わりました。ふだんLinux(debian)さわっていないせいか、いろいろ忘れて手こずりました。更新ミスなどあればご連絡頂けるとありがたいです。ヾ(*・ω・*)ノ ヨロシコ♪

“ただいま、工事中です!” への 3 件のフィードバック

  1. プラグイン更新とかはできるのだけど、wordpressのバージョンアップができない。。。

    以下、アップデートログ
    WordPress を更新
    https://downloads.wordpress.org/release/ja/wordpress-5.2.4.zip から更新をダウンロード中…
    このシステムでの署名の検証ができないため、wordpress-5.2.4.zip の信頼性を確認できませんでした。
    更新を展開しています…
    いくつかのファイルをコピーできないため、最新版のインストールができません。これはたいていの場合、ファイルのパーミッションが適切でないことが原因です。: wp-admin/includes/update-core.php
    インストール失敗

  2. パーミッションの変更に、WordPressあるあるのもうひとつ
    「wp-config.php内に、接続確認をバイパスするコードを加える方法です。」
     define(‘FS_METHOD’,’direct’);
    を追加してwordpressのバージョンアップができた~

  3. wordpressのバージョンアップができた~  のですが、ちょっとセキュリティで難ありです。
    # chmod -R 777 wordpresssのディレクトリ
    としているからです。
    これだと、wordpresss全体をユーザーにも(だれにでも)“読み書き実行”を許可してますから、セキュリティでちょっと不安です。
    自宅サーバーの場合、root権限でwordpressをインストールすると、wordpresssディレクトリのパーミッションが、次の
    ・ディレクトリ所有者:グループ、root:root
    ・許可設定、drwxrwxr-x (775) になってます。

    root以外ではバージョンアップや投稿などの書き込みができません。
    なので、775 を777にして、ユーザにも書き込み許可してました。

    セキュリティ面で、775(ユーザには書き込み許可しない)としたほうが安心と思うですが、wordpress管理画面(web画面)からバージョンアップや投稿などする場合、いったいだれが書き換えしているのでしょう。調べると“ディレクトリの所有者をapache(HTTPサーバ)に変更すれば良い”と見かけたのですが、自宅サーバーのユーザ一覧(/etc/passwd)を調べても、apacheなる人はいないです。

    ユーザ一覧から可能性あるのは、deamonかな?ということで、所有者はrootのまま、グループをdeamonに変えてみました。
    次のコマンドで、wordpresssディレクトリ全体の所有者とグループを、root:deamonにしたあと、所有者とグループに“読み書き実行”を許可、ユーザには、“読みと実行”のみ許可にします。
    # chown -R root:deamon wordpresssのディレクトリ
    # chmod -R 775 wordpresssのディレクトリ

    これで、投稿・コンテンツアップロードは問題ありませんでした。
    バージョンアップのほうもおそらくOKと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中