test-other

HPのThin Clientその後

2年以上前ですが“HPのThin Client(その1)(その2)(その3)”の続編です。
SSDについて調べていたのですが、ヤフオクで小型のSSDが出品されていました。

APACER 16GB MLC SATA MODULEというSSDで、PN 8Y.F1DD2.LR25B と表示されてます。コネクタは普通のSATAですが、Slim Halfの小型で、固定用のねじ穴があります。ひょっとして、HP t610 Thin Client用なのかもと思い入手してみました。

先に言うと、HP t610 のSATAスロットに挿入はできるが、固定用ねじ穴の位置は一致しませんでした。調べるとt610用は、おそらくPNが8C.F1DD2.LR10BのSSDになるようです。入手した8Y.F1DD2.LR25BのSSDでも、ねじ穴位置は合いませんがが、SATA-SSDとして普通に使えました。

HP t610 Thin ClientのSATA接続についてあらためて調べてみました。Troubleshooting Guide HPt610から調べると次になっています。

入手したAPACER のSSDを、SATA1に装着した写真です。ねじ穴位置は合いませんが、普通に使う分には問題ないようです。写真は、Linux-Debianをインストしてみました。

確認のため、マザーにあるドライブコネクタ3つとも接続して、BIOSで見た写真です。

ATAのドライブ接続は3つです。SATAの順番がSATA0からでない点が気になりますが、次で認識されてます。
デバイス構成 - ハードディスク
SATA1 16.0GB,16GB SATA Flash Drive
SATA0 8.11GB,CF 8GB
SATA2 1.00 TB,WDC WD1000CHTZ
説明
・SATA1は、前記のAPACER 16GB MLC SATA MODULEです。
・SATA0には、コンパクトフラッシュ8GB(Flash Drive)を使い、変換基板を介して接続してます。SATA0はPATA用になっていて、ピンアサインはノート2.5″IDEと同じ、44pinコネクタになってます。
・SATA2のHDDは、2.5″ですがサーバー用のHDDで、電源が+5V,+12V必要なタイプです。厚みも15mmありますが、それでもケースのカバーにあたることなく収納できます。Troubleshooting Guide みると、本来SATA2に接続する専用マウンタがあるようです。おそらく2.5″サーバー用のドライブでも問題なさそうです。

話変わりますが、1.00 TB,WDC WD1000CHTZ 、HDDとしてはサーバー用でなかなかの性能です。2.5″ですが回転数、10,000rpmあります(一般には5,400rpmか、7,200rpm)。SSDとは比べるまでもなくですが、ヘッドのシーク音がイイです。「カリカリカリ~」のシーク音が、「カリカリカリカリカリカリ~」の感じで明らかに速そうな音がします。

このt610で測定したCristalDiskMarkのベンチマークを載せておきます。

このt610を使って、ここまで実装している人がいました(記事の写真、上から3つ目)。HDDの放熱が気になりますが、2.5″HDDが2台入るのは気づきませんでした。
SATA0 – 2.5″HDD 2TB 実装(IDE-to-SATA converter使用)
SATA1 – Half-SlimのSATA SDD 16GB 実装(8C.F1DD2.LR10B ?写真良く見えず)
SATA2 – 2.5″HDD 2TB 実装

————————————————————————————–
おまけ
話が前後するのですが、Slim Halfの小型SSDの代わりに、最初これが使えるかもと思ってました。ADATAのSP900(64GB)2.5″SSDをから割した写真ですが、基板はほぼ半分なので。でも、これをSATA1に刺そうとすると、となりのSATA2側のコネクタに干渉するんですよ。
SATA延長ケーブルを使うと良いかもしれませんが、、、とか思っているうちに、ヤフオクで小型のSSDを発見です。(記事の最初に戻る)

test-other

FMヘンテナ自作

 

 自宅で工作している部屋は2階にあって、ときどきFMラジオを聞いていたりしてます。自宅場所は、関東圏の南端にあり東京キー局の放送は、かなり電波弱いです。二階だと窓からリード線を出しておけば、そこそこノイズなく聞けるのですが、1階の室内ではノイズ多くてまともに聞けません。本格的に八木アンテナをたてる気にはならず、なんとかならないかと思ってました。インターネットラジオあるよ言われそうですが、起動時の遅延が大きいので、朝とかちょっと聞くには難儀です。
 調べると今まで知らなかったのですが、アンテナ種類にヘンテナなるものがあって、利得も八木アンテナの3素子ぐらいはあるらしい。FMアンテナなのでちょっと大きいですが、ヘンテナは平面ですむので、2階の雨どいあたりにつるして、1階に引き込むにはよさそうな形状です。こんな感じです。

 どうつくろうか世間の制作例を参考に考えました。適当な線材からつくるのが制作そのものは容易なのですが、どのあたりにつるすのが良いか、アンテナはサイズが縦2m近くなるので、もって回るにはそれなりに自立できる形が良さそうです。ある程度、強度ある材料がないかと考え、クリーニング出して捨てずにたまっていた針金ハンガーを思い出しました。これを伸ばして(約1mある)、長さの足りない分はつなぎ合わせることにしました。使ったのはこれ、廃品活用ですね。

 構想はこんな感じです。受信局の、J-WaveとTBSは良く聞く局の、周波数低いほうと高いほうの意味です。 図で■の重なりは4cmとしています。

 針金ハンガーから切り出したところ。接続する両端はサンドペーパーで磨いています。

 重ねてつなぎ合わせる部分です。接続強度を出すため裸線を巻いて、その上からハンダ付けします。手持ちのコテが30Wしかないので、ちょっと熱不足でした。60Wコテあると良かったです。屋外につるすので、熱収縮チューブで保護します。コーナーで重ね合わせると熱収縮チューブしにくいです。直線部分でつないだほうが良かったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 給電部分ですが、アンテナ側が(平衡)、同軸側が(不平衡)となるので、つなぎの部分は変換(バランを入れる)したほうが良いらしい。FM帯域でそれほど気をつかわなくても良いとも言えるらしいのですが、RF同軸コネクタ(メス)が手持ちにないこともあり、これを付けることにしました。「アンテナ整合器75Ω-300ΩF型メス、フィーダーアンテナ変換器」

 実際につけたところで、このあと非粘着テープでまきつけます。

 この変換器の有り無しの効果ですが、う~んつけてもつけなくてもあまり変わらないような。でも、つけても同軸ケーブルを多少束ねるとラジオのノイズ音が変わるので、うまく(平衡/不平衡)変換ができてないのかもしれません。このあたりは良くわからない世界(アマチュア無線)です。

 完成まじかの今年11月半ばごろの写真で、秋空に映えるヘンテナです。λ/(6~10)の部分を調整中の写真で、この箇所が未固定になってます。λ/10の長さよりλ/6寄りのほうが受信状況良い感じでした。

 
 どのあたりにつるすのが良いかベランダを右往左往、するほどの距離でもないですが、81.3MHzが良い場所では、90.5MHzが悪く。90.5MHzが良ければ、81.3MHzが悪いような感じでした。受信状況は改善しているのですが、ヘンテナって何かクセあるんですかね?それとも電波状況が壁の近くで不安定なのか、けっこう強度かわる感じです。写真は、ラジオの受信レベルゲージと聴感で悩んでいるところ。本人はカゲで写ってます。


 けっきょく何度か試して、それなりの妥協点につるしました。90.5MHzは良。81.3MHzは日によって(天気?)ちょっとノイズはいる感じですが、今のところまあまあといったところです。

test-other

自作DSPラジオ

aitendoのDSPラジオモジュールを使ってラジオを自作してみました。


 DSPラジオモジュール [DSP-RADIO-M]には、DSP-443(22mm□)と DSP-444(17mm□)の2種あって、後者より前者のほうがバリコンサイズが22mm□と大きいのでこちらを使いました。このDSPラジオモジュール、数年前から発売されているようで、ポリバリコンの背面に基盤が乗っかった1モジュールです。当初はデジタル処理で小さくなっているな、とういう程度で自作するつもりはなかったです。ちなみに、aitendoにあるピンアサイン説明が勘違いしやすいです。参考まで(しっかり騙されました。)

 ちょっと別件でFMアンテナを調査した際に、Sony Designの往年のTR-1819ラジオを見かけて、デザインが気に入ってました。この時も、ラジオの回路は簡単でも、ケース自作に気が乗らなかったのですが、後日ちょっと調べると、木製で安いケースを見つけました。

 TR-1819ラジオのサイズは、8cmキュービック、木製ケースは、約8x8x5cmで、奥行きが3cm小さいサイズです。写真で、内寸サイズを検討して、手持ちパーツ見て、なんとかこのDSPラジオモジュール使って入りそうです。Sony Designのパクリですが、ちょっと作ってみようかなとなりました。ちなみに、この木製ケース送料無料で安くていいのですが、ChinaのDalian(大連?)からの国際郵便で届きます。Aamazonのx月x日にお届け予定とはなりません。でも2週間ほどで届きました。

 ケースに組み込む前に、手持ちのパーツで良いかテストします。AMのバーアンテナはめんどうなので、FMオンリーの最小バーツです。
・スピーカの音量はOKか?机で静かに聞くには、モジュールから直接駆動で良さそうです。SONY製SPなのは、手持ちでサイズが良さそうだったので。
・音量VRは推奨50kΩですが手持ちがなかったので20kΩ固定+20kΩボリュームにしてます。50kΩ以上で最大音量となるようですが、40kΩでも十分でした。
・チューニングLEDはOKか?緑はダメでしたが、赤だと直接駆動できました。
・電池はノートPCバッテリー(中身の素電池)の残り物、リチウムイオン電池です。1個で約3.7Vなのでぴったり。
 肝心のラジオとしては、受信感度と音質はまあまあ。でも選局が今一つな感じで、DSP処理で一瞬遅れることもありバリコン回しての選局は、結構難儀です。ダイヤルをケースいっぱいに大きく直径6cmとして作るので、ちょっと良くなりそうです。
 なお写真のラジオは、受信局確認用のELPAのDSPラジオ(ER-C56F)です。

 完成品です、思ったよりレトロになってしまいました。白木に白ダイヤルの同色ではなぁと思い、手持ちで残っていた塗料(外部木製保護用のマホガニー色)を使ったのがこの結果です。FMの文字は、Daisoのエンボスステッカー(アルファベット)です。緑のものはロッドアンテナ替わりの自立できる太めの線材です。線材なのでロッドアンテナのように伸び縮みできませんが、自由に曲がります。

 せっかくのラジオで、音が無いとさみしいので動画です。(Youtube、約1分)

 

一番の工夫はダイヤルの取り付けです。1tアルミを使って写真のようにダイヤル裏からねじ止めしてます。ダイヤルは残材の3tアクリルからの切出し品です。

 DSPモジュールと他の部品はヘッダーピンのコネクタで分離できるようにしてます。ダイヤルを裏から固定する関係で分離構造としました。この状態で、四角い穴に前から差し込みます。固定金具は1tアルミの自作品です。小さいので万力に挟んでちょっと力を入れると1tアルミは曲がりますよ。

test-other

DisplayPort(++D)

昨年の記事で、HPシンクラ(HP-T610)にWindows7をインストしました。
この中でビデオ出力のDisplayPort(以下、DP)に、DP to HDMI変換ケーブルを使ってHDMIモニターにつなぐ場合、音声出力もでるのかについて再確認しました。使ったのは、次です。
・モニター:iiyamaのフルHD(1920×1080) 液晶モニター、XU2390HS(HDMI入力を使用、スピーカー内蔵)

・変換ケーブル(アダプタ):BizLink 9.5″ Display Port DP Male to HDMI Female Adapter Converter Black 0TK041 (どうもDELLのオプション品らしい)

結果は、モニター内蔵のスピーカー側で聞こえました。HDMI(映像+音声)信号で正しく繋がるようです。ちょっとDP to HDMI変換について調べると、どうも2方式あるらしい。
a) Active Protocol Converter Adapter
DPの信号形式から、TMDS(またはVGA)信号形式のへの変換を行うアダプタ。変換アダプタにICが入っていて信号変換する。

b) Dual-Mode Cable Adapter 
LevelShifter入りのDP変換アダプタ。信号変換はしない。パソコン本体側がDP接続見て、DPの信号形式ではなくTMDS信号を出力する。

 映像信号がDPとHDMIでデータフレーム構成異なっているのは知っていたので、変換というと前者のみと思っていましたが、後者もあるようです。HPシンクラはどうなっているのか。HPシンクラのDP背面コネクタのロゴを見ると「++D」でした。b)にも対応しているようです。
 OSのコントロールパネル(オーディオデバイス)を見ると「AMD HDMI Output」になっていました。どうもb)の方式で接続していたようです。DPの接続を外すと「既定のデバイス」が「接続されていません」となります。

test-other

ARROWS Tabの充電スタンド

ARROWS Tab 充電スタンドの自作記事です。
1年ほど前の記事で“電子雑誌を読むには”の時に入手した“ARROWS Tab F-02F”です。
入手したのでが本体だけだったので、充電はmicroUSBにケーブルをつないでいました。たまに使う程度だったのでそれでもかまわないのですが、ちょっとまともに使おうと電子購読の【マガジンWALKER】に入ってみました。

使用頻度があがると充電毎にケーブルにつなぐのはちょっとめんどう。タブレット本来の卓上ホルダは、単独で買っても千円ほど(ACアダプター含まず)でそれほど高くないのですが、充電時はタブレットが横置きになるようです。縦置きで雑誌を読みながらの充電は無理そうです。う~ん、作れないかな?タブレット裏の充電端子を見ると、3端子なので解析できれば自作できそうです。。。

ちょっと調べるとひでさんのブログで、卓上ホルダを分解してました。
内部基盤の写真を眺めると電圧変換(DCDC)まではしてなさそうです。なので卓上ホルダの入力DC12Vがタブレットにかかると予想。タブレットの3端子をテスターであたって、VCCとGNDの目途はついたので、後は中央の端子ですね。HPノートのACアダプターみたいにプルアップでダメかな?と思って試すと、51 kohmプルアップで充電ビンゴでした。

写真、定電圧電源の電流計が0.7Aに触れました。プルアップ抵抗値が適正かどうかはわかりませんがこれで充電に入るみたいです。材料は手持ちでなんとかそろいそうだし、作る気になりますね。
作る気になった結果の完成写真、元はダイソーの100タブレットスタンドに、電極部分を自作追加しました。

タブレットと接触する電極は、ノートマザーのケースとFGをとるためのバネ接点を転用しました。

このバネ接点はタブレットの電極サイズより少し小さい程度なので、うまく当たらないと接触しません。あたまの丸い電極をバネ接点にできると多少ずれてもOKなので良いのですが手持ちになかったのでしかたなくです。なので位置合わせは苦労しました。トライ&エラーで位置合わせしたのですが、タブレットを取り付けると電極部分が見えないので苦労しました。型紙に写し取るなどして位置取りしてから制作すれば良かったです。(_ _ ;)ハンセイ

タブレットを立てかけた時にスタンド側にはまるよう、ちょっと工夫してあります。

ダイソーのスタンド側とは、上端とこの部分で止まるように、固定部材作りました。

ACアダプターは適当に結束バンドでスタンドに止めただけです。

ACアダプターは適当なDC12V出力です。消費電力、充電しはじめは10W程度ですが、しばらくたつと20W~25W程度になります。急速充電モードに入るようです。今のACアダプターは(DC12V出力3A、36W)のものを使っています。最初、低容量(DC12V出力1.5A,18W出力)のACアダプター使っていたのですが、これでも使えていたので、この場合タブレット側が充電量を抑えて動いてくれるようです。(予想ですが)

使いながらは充電中でも急速充電中より低く18W弱(輝度max時)でした。

 余談ですが、この電子購読“500円/月の定額読み放題、配信一覧(5月)”の中にあるAERAの雑誌、全頁無いです。編集部固有と思われるメインの記事などはあるのですが、外部委託?のコラム関係がバッサリないです。個人的にはコラム関係無いのは魅力半減。。。なので総ページ数も紙本来の半分ほどしかないです。でも紙で定期購読していたAERAは切ってしまったし、他雑誌もいろいろあるのでしばらく継続かな。
 ちなみに雑誌単体で購読できるAERA電子媒体も別途(富士山マガジンとかで)あるのですが、こちらはサンプル見る限り紙版と全く同じようです。でもその分お値段も紙の場合と同額(390円/週刊毎号)になるようです。

test-other

MP640プリンタの廃インク吸収体交換

CanonのMP640というプリンタ複合機の修理記事です。エラーは“インク吸収体が満杯に近づきました。OKで継続できますが早めに修理受付窓口に連絡してください”が表示されるというもの。このエラーが出るまえ、B200エラーでプリントヘッド交換の修理もやっているのでかなり長く使ってます。いよいよ廃インク吸収体も満杯になってしまったようです。表示のとおりOKで継続できるが、しばらく使うといずれ印刷不能になるらしいです。
・OKで継続しても電源オン毎に表示され鬱陶しい。
・印刷不可となってあわてて修理するのも大変。修理失敗で別途購入であわてるのもいやだし。
なのでお日柄良い週末に修理してみました。

インク吸収体のエラーについて調べると、修理には次の2つが必要とのこと。
a)満杯になったインク吸収体を取り外して新品に交換するか、インク吸収体を洗浄する(再利用)
b)プリンタのエラーカウントをリセットする。方法はPCからUSB接続して、専用ツールを使いプリンタをリセットする。
a)はわかるが、b)はエラーがインク吸収体の状態を見ているのではなく、ヘッドクリーニングなどのカウントで機械的に?出しているらしいのでそのためらしい。

b)は対した時間かかりませんでしたが、a)は大変でした。プリンタ分解してインク吸収体を取り出して洗浄、一昼夜乾燥させて、次の日に再取り付けになります。無事復旧したようですが週末土日つぶれました。乾燥に時間かかるので、もしやるなら天気の良い日にやるのが吉です。

とりあえず写真載せておきます。
・インク吸収体の満杯エラー

・サービスマニュアル(canon_mp640-service_manual.pdf)が検索であったのでそれを見て分解。外カバーとプリンタ上部のスキャナーを外したところです。取り外すねじの数は少ないのですが、かなり複雑な構造で、マニュアル無しで分解は難しいと思います。

・印字本体を取り外して、インク吸収体全体のの写真。タンクのイメージと思っていたら違いました。インク吸収体が底面の構造にそって複雑に敷かれている。この吸収体の隅々まで廃インクがいきわたってました。ちょっと感動?

・インク吸収体のすべて取り外し、バケツに水を流しながら、その中でインク吸収体をひたすらあらう。インクが飛び散ると後始末が面倒なので、風呂場にバケツを持ち込んでその中でやりました。吸収体が変形しないよう、そぉーっと洗うの良いらしいのですが、廃インクべったりで数が多く面倒なので押し洗いしちゃいました。

・洗ったインク吸収体を一昼夜乾燥した後です。もみあらいしちゃったので少し縮んだかも。

・一応、とりつきました。

もとに組み直し、MP640プリンタをサービスモードで起動した後に、USB接続したPCからservice toolを起動します。このservice toolからプリンタ内のインク吸収体カウンタ値をリセットします。
手順
1)サービスモード起動は、プリンタのストップ+電源ボタンを長押し、ストップを一旦離す、ストップを2回押す、電源ボタンを離す。
2)PC側、MP640専用のservice tool はないようで、ip3600_v2000.exeを使いました。ip3600_v2000.zipが検索見つかると思うので、解凍して実行します。
3)service toolのink_absorber_counter の項目を値0でセットして終わりです。

PCのキャプチャー画面です。これでMP640プリンタを普通に電源オンしてもエラーは表示されなくなりました。

・印刷もOKでした。
結論:無事復旧したようですが2回目はやる気が起きないレベル(コストはかかりませんがインク吸収体の再利用は大変)でした。。。
キャノンの保守修理ご担当の人は面倒でしょうね。でも修理に出すより新機種買い替えユーザーが多いと思うので、こういう面倒な構造でもやっていける(修理依頼が少ない)のでしょう。

test-other

0SIM、速度改善?

So-netの0SIM、今年はじめ回線速度が酷く劣化しているとの記事を見つけました。Speedtestで試して見ると確かに下り1Mbpsもでていない。5月と7月の測定でも似たような遅い状況でしたが、今回9月に測定すると改善してました。それでも下り9Mbpsちょっとですけれど。

訂正:その後の調査で時間帯(込み具合?)で下り9Mbpsと良かったり、下り1Mbps~2Mbpsと遅かったりであまり安定していないようです。。。