Site management, test-PC

HP t610ファイルサーバー

 自宅で長年連続動作させているファイルサーバーですが、更新することにしました。更新前は、ファイルサーバーといっても、単にwindows7のPCで、自宅内ローカルで使っているだけなので、このままでもよかったのですが、HP t610 Thin Clientを引っ張り出して弄っているうちに、ファンレス省電力なところが気にいり、これをWindows10にして乗り換えることにしました。
 構想は図の構成で、HP t610内蔵で2ドライブのハードディスクに、USB3.0外付けの2ドライブを足して、計4ドライブにすることにしました。4ドライブの内、HDD1~HDD3の3ドライブは、共有フォルダの3重ミラーリングのバックアップで、HDD4は予備の共有なんでも置き場です。

 外付けのドライブ類の実装がけっこう煩雑になるので、一体化することを考えました。使ったのは、ダイソーのパンチングボードです。サイズがHP t610とほぼ同じだったのが選定理由です。
パンチングボード

 これを2枚使って外付けユニットとした写真です。

 HP t610と外付けユニットを一体にしたファイルサーバーの完成写真です。

 取付けは、HP t610のVESAマウントインターフェイス100×100 mmのねじ穴(φ4)を利用しています。
 

 外付けユニットの内部です。2.5″HDD(SATA-USB3変換器含む)を2組、ACアダプターを2個、ACタップを取り付けています。このあたりがけっこう面倒で、最初はすべて収まりませんでした。特に、ACアダプターのACコードが邪魔です。途中でカットして、最短の長さにつなぎ変えてます。あとHDDのマウンタはアルミ板からの自作で、パンチングボードにねじ止めしてます。HDD自身は、単にこのマウンタに挟み込んでいるだけです。

 パンチングボード2枚の合わせは、ラッチ構造(もどき)にしました。先端を曲げた1tアルミ片をねじ止め、先端が反対側のスリットに引っかかるようにします。(写真参照) 同じものを左右2か所づつ作り、パンチングボードが止まるようになっています。

 HP t610には、2個の2.5″HDDを内蔵していますが、増設したSATA1のHDDは最初うまく動作しませんでした。SATAの+5Vが、SSDを想定しているのか供給不足になるようです。他の供給能力ありそうな基板上の+5Vから取り直しています。

 最初SATA2の2.5″HDDをサーバー用の7200rpmを使ってOS起動ドライブとしていたのですが、転送速度を見ると、しばらくして極端に遅くなる。???と思ってしらべると、HDDの温度が上がりすぎ50℃を超えてました。サーバー用HDDは、空冷しないとダメなようです。(もしくは完全にオープンな状態) なので、あきらめて普通の5400rpmHDDに変更してます。

 ミラーリングするバックアップツールにMediaKeeperを使っているのですが、Windows10には非対応です。単にXP時代から使い慣れているせいもあるのですが、バックアップ対象ごとに周期時間を設定できるのが気に入っていて変えたくありません。

1) Windows10標準で動作させると、確かに?うまく動作しないです。バックアップ動作は良さそうですが、設定した周期でバックアップ起動させるtimekeeperが動作しないです。(バックアップ条件を設定しているパタンファイルがユーザーエリアの変な場所にできてしまいtimekeeperから呼べないです。本来はProgram Files内にできる。)
2) XP互換モード(アプリの右クリックから設定する)で動作させると、バックアップ動作もtimekeeper起動も特に問題ありません。よかったのですが、PC起動でtimekeeperを自動スタートさせることができません。スタートアップフォルダにショートカットを置くも起動せず。OS標準のタスクスケジューラにまかせるも、起動せず。タスクマネージャのプロセスで確認すると、timekeeperいるのですけどね。タスクバーの右下にアイコンがでてこないです???
 手動ではtimekeeperが起動するので、バッチ処理でどうかと思い、スタートアップフォルダに1行だけtimekeeper実行を書いたバッチファイルを置いてます。今のところ一応、自動起動できていますが、これで良いのかな?

[追記、2020-5-7]
 電源起動直後の画面キャプチャです。バッチファイルの最後に一応exitも入れてあるのですが、DOS窓がなぜか消えないです。実害は無いですが(T_T)

[追記、2020-5-8]
 UPSのステータスで35Wを給電となっていますが、UPS1台でこのファイルサーバーと、Blogの公開サーバーの計2台を供給しています。だいたい20Wと15Wぐらいの配分かな。それなりに省電力ですが、ラズパイでSSDを使えば、Blogのほうはさらに数Wに節電できるかもです。

test-PC

Android-x86

先のCroud Readyインストの勢いで、Android-x86最新バージョン8.1_r1(Oreo)が 今年1月に 公開されており、こちらも動作確認してみました。
 結果ですが、 先のHPのタッチパネルノートは2種(5103miniとPavilion 10)とも今一つでした。一応インストール出来たのですが、ポインタ動作、画面遷移などの動きが今一つでうまく最適化が合わなかった箇所があるようです。タッチパネルもデバイスは認識しているようなのですが、ポインタがマウスと同じ矢印(↑)のままで、まともに動かないです。
 ほかのノートPCでも試してみたのですが、Atom初代のネットブックはまあまあの感じでした。でも今回タッチパネルも動かしてみたい。USB外付けでタッチパネルを試してみたりもしたのですが、抵抗膜式の古い世代のためか、うまくいかずでした。

 数年前たしかAndoroid x86でタッチパネルも動いたはずだったのですが、、、
 古いバージョンになりますが、バージョン4.4(Kit Kat)をDellノートE4310(Core iの初代、13″wide 1366×768)にインストしてみました。タッチパネルはUSB接続で仮付けしてます。このノートにしたのは、手もちのタッチパネルサイズ 13″wide と同じだったからです。タッチパネルのコントローラはAitedoでその昔入手した、eGalax社チップのものです。

e4310 with touchpanel
android x86 4.4.4

 DellノートE4310には、ポインティングデバイスが青いボタンとパッドの2種あり違いは次です。(マニュアルから借用)

PC e4310 touch pad button and track stick

a) キーボード内の青いボタン(トラックスティックと言うらしい)
b) キーボード手前のタッチパッド
c) これに、仮付けしたタッチパネル追加となります。

 ポインティングデバイスが3種となりますが、バージョン4.4_r5(Kit Katの最終リリース)のデバイスドライバーはうまく動作しました。3種とも認識して、ポインタも別々のシンボルで表示されます。

1) の青いボタンは、windowsと同じような、矢じるしのポインタ表示です。

pointer1 androidx86_4.4.4

2) のタッチパッドは、大きい中抜き円のポインタ表示 で(左) 、クリックすると中央に白の円が表示(右)になります。)

pointer2 androidx86_4.4.4

3) の外付けタッチパネルは、タッチすると小さい白い円のポインタが表示される。

pointer3 androidx86_4.4.4

 バージョン4.4_r5は、上記のとおり動作するのですが、今のバージョン8.1_r1(Oreo)では、手持ちタッチパネルが動作しません。他バージョンではと思い、バージョン7.1_r2とバージョン6.0_r3も試しましたがだめでした。(8.1_r1と似た感じ)
 Android-x86.orgにTested platformsが出ていて、タブレットPCもあるのですが、バージョン8.1_r1に適合するタッチパネルの条件はよくわからないです。。。

【参考】タッチパネルは、デフォルトではポインタが表示されません。次の設定変更が必要です。
1) 開発者モードにする。(情報のビルド番号をクリックし続ける。)
2)「開発者向けオプション」が追加されるので、その中の「タップを視覚表示する」をオンにする。

【参考】Andoroid x86 バージョン8.1(Oreo)
 設定を探し回っている時に、Androidバージョンをクリックしてしまいました。すると中央にドロイド君をあしらったオレオ(Oreo)ビスケットの絵を表示してくれました。特に動作とは関係ないようで、開発者のお遊びでしょうか?

androidx86_oreo

追記 2019-3-13 バージョン8.1、デルの11.6型ノートPC「 Inspiron 11 3000、Celeron N3050」では特に問題なく動いたらしい記事を見かけた。

test-PC

CroudReady

ChromeOSが、複数画面を開けるなど、それなりに進化しているとようで、ひさしぶりにインストしてみました。どうせなら、タッチパネルにも対応していないかな。ということで手持ちで試したのが次の古い世代のノートPCです。
1) HP mini 5103のタッチパネルモデル(Atom N550 1.50GHz/2コア 1366×768 10.1″)
2) HP Pavilion TouchSmart 10-e000AU ( A4-1200 1GHz/2コア 1366×768 10.1″)

今どきのWindows OS動かすには厳しいかもですが、軽いOSなら使えるかもです。ちなみに、Passmark によると、N550よりA4-1200が多少性能良いようです。残念なのはどちらも最大メモリが2GBになる点です。
1)はメモリ1スロットDDR2、2GB max(4GB DIMMは非動作)
2)はマザー直付けメモリ2GBで、メモリスロット無しのため増減不可です。

ChromeOSも各種あるようですが、試したのはNeverware社のCloudReady Home Edition(フリー) です。インストールできるかどうかのHardware Compatibility(適合性)もリストアップされてます。

インストした結果、1)は残念ながらタッチパネルが動かずでしたが、タッチパネル以外については動作OKでした。2)は、タッチパネル含めて動作OKでした。2)のHP Pavilion 10、Cloud Ready(バージョン72.3.32?)インスト直後の写真です。壁紙がNeverware社模様になってました。

CloudReady on HP Pavilion TouchSmart 10-e000AU

タッチパネルは指先スクロールもそれなりOKです。ちなみに、ペン先では反応しません。スマホと同じ、静電容量式と思われます。

HP Pavilion TouchSmart 10-e000AU

CroudReadyのアプリ一覧です。Windowsアイコン(赤〇)は、ストアから追加で入れたアプリで File System for Windows というものです。

croudready_appli

何ができるのかというと、ローカルLANの共有フォルダがマウントできます。キャプチャの「fileserver」(自宅の共有サーバー名です。)をマウントして、その共有フォルダ内のファイルも見えるのですが、Windowsのようにここから直接開くことはできないようです。クラウドOSなので、一度アップロードしてから編集することになるようです。
キャプチャは、フォルダ画面(左)とグラウザのGoogleドライブ(右)の2画面表示したものです。この状態で、左から右にファイルドラッグすると、アップロードです。キャプチャはアップロード後のもので、ここからGoogleDocで編集することになります。(マイクロソフトのOne Driveでも同じことができます。)

croudready_localfolder

クラウド前提のOSなので、ローカル側データと合わせて使うにはちょっと面倒かな?ブラウザ内の操作(Googleドライブ内)で閉じて使うのがよさそうです。

【参考】 CloudReadyで利用できるショートカットキーの一覧
 例)Ctrl + F5 スクリーンショット (注:Chromebookのキーとは違う)

【参考】 HP Pavilion TouchSmart 10のタッチパネルについて
ハードIDがVID_04F3だったので製造元は、Tochscreen Elan Microelectronics,Co.となるようです。調べると、Dell Chrombook 13 (Dell、Chrome OSのノートブック)のタッチパネルと同じメーカのようです。なので、今回のタッチパネルとCloud Readyは、うまく適合するようです。

【参考】  HP Pavilion 10の電源コネクタについて
この機種の電源コネクタは今までのノートPCの電源コネクタより一回り細い(4.5mm)です。このコネクタ径に合うACアダプターは持っていません。調べると、このコネクタと従来径(7mm)のACアダプターと接続できるようにする変換ケーブルが 、Alie Expressに出てました。(今は品切れのようです。)

HP Pavilion TouchSmart power cable by Alexpress
HP Pavilion TouchSmart power cable


参考】 HP mini 5103のタッチパネルについて
タッチパネルはWacom Degitizerになるようですが、windowsのマウスのプロパティでデバイスをみると3つあります。1つはタッチパッド、あと2つがWacom Degitizer関係と思われます。このノートはマルチタッチの仕様となっているので静電容量式のタッチパネルと、Degitizerデバイスの2つでしょうか?

wacom-5103mini touch device

LIFE, test-PC

ふるさと返礼品のwindowsタブレット

最近、自粛要請もでているふるさと納税の返礼品ですが、先月初めて申し込んでみました。飯山市のマウスコンピューター、2in1 windowsタブレット(WN892V2-IIYAMA)です。品質がいまいちという書き込みも見受けられましたが、寄付金額¥55,000に対して還元率まあまあようです。

先月半ばに申し込んで、寄付金領収証明書はすぐ来たのですが、返礼品がなかなかこなくてやきもきしてました。待つこと一ヶ月近く・・・

ようやく届きました。さっそく開封といきたいのですが、新品だと保障の点で分解するわけにもいかず、いまだに未開封です・・・

test-PC

HPのThin Client(その3)

HP t610 Thin Client、windows7pro.32bitのインストールめもです。


上のキャプチャ画面はwindowsインストール後に各チップメーカのドライバーを当てたあとのデバイスマネージャです。インストール直後で不明デバイス“?”だったのは、Ethernetと(USB3) Controllerだけで、Audioと Graphicsはwindowsの標準が当たっていたと思いました。
当てたドライバーは次の4つです。[]はマザー確認時に見たICの表記型名です。(表記型名 driver)で検索すればドライバーは入手できるので、ここでは省略します。 (*_ _)人ゴメンナサイ
― Realtek Audio [ALC269]
― Radeon Graphics
― Broadcom Ethernet [BCM57781]
― Texas Instrument (USB3) Controller [TUSB7320]

ビデオは特に問題なく動作しているようなのでwindows標準でもいいかと思いましたが、Radeon Graphicsのドライバーを入れました。non-whql-32bit-nieg-radeon-crimson-16.2.1-win10-win8.1-win7-feb27
ドライバーのインスト前後でCrystalmark2004r3を使って性能測定してみたのが次です。


― HP-T610_radeon driver install “before”


― HP-T610_radeon driver install “after”

あまりかわらないだろうなぁと思ってましたが、OpenGLのスコアが、474 から 10954 へ大きく改善してました。もっともprocessorがネットブック並みの性能なのでトータルでは大してと思います。

T56Nのprocessor性能についてpasmarkのスコア調べると次でした。Atom Z3770DまたはCore Duo T2400と同程度のようです。
― Atom Z3770D (1.49GHz) のpasmark値 805
― Core Duo T2400 (1.83GHz) のpasmark値 794
― AMD G-T56N (1.6GHz) のpasmark値 793

最後に、HP-T610はビデオ出力がDVI-IとDisplayPortを持っているので、手持ちのモニターでデュアル出力を確認してみました。
― DVI-Iは変換コネクタでVGAアナログモニターにつないでます。
― DisplayPortは対応モニターが無いので、DisplayPort to HDMI変換ケーブルを入れて、HDMIモニターにつないでいます。

test-other, test-PC

HPのThin Client(その2)

HP t610 Thin Client、ドライバーのインスト前に、ACアダプターねたです。
前回、標準HPアダプターがわりに他社の利用例を書きましたが。ネックになるのがPC側のコネクタです。規格品でなくHP専用(なぜかDELLも同じ形状)のようです。
なので一般には市販されていません、でもメーカー流れがあるかもと思い、eBayかAliExpressあたりにないか調べてみることにました。


eBayにありました!$1.47で、Shipping Freeです。使う人もあまりいないので処分価格なのでしょう。本当に届くのか心配なレベルですが、2週間ほどで届きました。


実物を良く見ると写真と同じ品でしたが、フェライトがついているなどから、HPのACアダプター用ではなく、DELLのACアダプター用コードのように思えます。どちらでも使えると思いますけれど。


↑左:カラ割りしたACアダプター   ↑右:交換するHP Laptop用DCコード
適当な小型ACアダプター(50W品)のコードと付け替えます。


交換後の写真です。矢印の赤いチューブの箇所が、追加したセンターピンへのプルアップ抵抗(約100 kohm)です。


テスト写真です。HPノートでテストしたかったので、HP mini 5103を使っています。動作状態(バッテリーの充電中)で約40 W、うまく動いているようです。この後、カラ割りを元に戻しておしまいです。

注意1:ACアダプターのカラ割りはプラスチックカッターで合わせ箇所を削って強引に空けてます。接着剤で元に戻していますが、完全には戻りません。そもそも、ACアダプターのカラ割りをしてはいけません・・・

注意2:DELLのDCコード代わりにも使えますが、DELLのノートはACアダプターのセンターピンから数バイトのIDデータを読み取っています。このIDデータを取得できない場合、起動はするのですが、バッテリーへの充電機能を停止するようです。(DELL Vostroノートでは確認済み)

test-PC

HPのThin Client(その1)

しばらく前に売王さんで買った HP t610 Thin Client です。

ATIのGraphicsを統合したAMDのDual Core T56N APUが珍しく、Windows Embedded シンクライアントにも引かれて買ってしまいました。DisplayPortとDVI-Iのビデオ出力で,USB2 x4,USB3 x2,LAN以外にシリアル9ピンとPS2のマウスとキーボードのレガシーも付いてます。

事前に調べて、SATAストレージオプション有りということで、普通にwindows7あたりをインストできそうです。実物は、220 × 40 × 240mm、1.55 kg でかなり薄い・軽いです。

固定ねじはなく、どこから開封して良いか戸惑いましたが、底面の“Push”を押してそのカバーをスライドさせると開封できます。カタログには12.17 W(アイドルモード時)となってましたが、けっこう大きいファンレスのヒートシンクがついてます。

このヒートシンクの下にCPUとChipsetがあります。普段intel CPUばかりでAMDはDuronノートマザー以来でしょうか( ̄ー ̄)

CPU:AMD Dual Core T56N APU with Radeon HD 6320 Graphics(1.65GHz) ( GET56NGBB22GV BGA chip)

Chipset:AMD 1302 FCH(Fusion Controller Hub)

サービスマニュアルを見ると、SATAストレージ用の専用マウンタがあるようですが、当然?ついてません。自作でSATA-HDDを固定できるようにしました。片側を保持するだけの簡単なもの。適当に作ったらねじ位置ずれました。orz.

ACアダプターですがこのThin Clientは、HPのノートPCに見られるセンターピン有りのタイプと同じようです。

HPのACアダプターあったのですが故障で使えません。途中でちょん切って、手持ちの出力DC19VのACアダプターにつなぎました。VCCとGND接続だけでは電源入りませんが、センターピンを100 k ohmあたりでVCCにプルアップするとt610 Thin Clientの電源が入ります。以前、HPのノートPCで試してあったのですが、同じしくみのようです。
(写真:矢印のところでつなぎ直しとプルアップしている。)

ちなみに、DELLのACアダプターのセンターピン有りとコネクタ形状は互換のようですが、電気的には合いません(PC側の電源が入らない)です。

ところで、windows7 pro.のインストールは全く普通にできたのですが、HPにあるドライバーは、Windows Embedded用のせいか何れも入りませんでした。これ(7 pro.)には適合しないよと言われてしまいます。(;△;) しょうがないのでチップメーカーのドライバーを探しに行きました。
詳細は次回ということで。

参考にした記事
HP t610 Thin Client分解
HP ACアダプターのセンターピン解明(ここでは190 k ohmとなっている)

test-PC

CloudReadyのインストール

 4年前、ネットブックにChrome OS (Chromium OS)をインストしてみましたが、その後正式に、Chrome Book(ノートPC)が発売されて、Chromiumの開発は中止してしまった。と思ってましたが、CloudReadyと名を変えて、復活していました。Neverware社が提供しているとのこと。
 こちら(cloud-work.net)を参考にさっそく使ってみました。内臓ディスクにもインストできるようですが、USBメモリで起動しただけです。基本的な動作(画面、音、ネットワーク)は、特に問題ありませんでした。ChromeブラウザベースのOSなので、ブラウザ内の動作は問題ないはず・・・

1 CloudReadyのインストに必要な物
・ブートUSBメモリを作成するためのPC
 (windowsPC+chromeブラウザを使用しました。)
・USBメモリ
 (CloudReadyのイメージファイル格納用で、推奨は、8GBか16GBとなってました。)
・CloudReadyにするPC
 (上記のUSBメモリからブートできるPCが必要です。)
 動作するかどうかは、Neverware社が認定モデルを公表していてSUPPORTED DEVICES(PC)のリストを参照。
 これ以外でも同様の機種なら動作するのではないかと思います。

2 CloudReadyのブートUSBメモリを作成する手順(概略)
1) Cloudreadyのイメージファイルをダウンロード
 Neverware社のWEBサイトから、Cloudreadyのイメージファイルをダウンロードする。今回使ったバージョンは、cloudready-free-54.1.39-32-bit.bin
2) Chromeアプリ「Chromebook リカバリ ユーティリティ」をインストール
 Chromeウェブストアから、Chromeブラウザに「Chromebook リカバリ ユーティリティ」アプリをインストールする。
3) リカバリ ユーティリティを使って、USBメモリにイメージファイルを書き込む。
4) このUSBメモリを使ってUSBブートすると、CloudReadyが起動する。

3 起動結果
・Cloudreadyの起動中(USBメモリから起動)
 使ったのは、Epsonのネットブック Na02mini(Atom N280 1.66GHz)です。
 手持ちのネットブックを何種類か試したのですが、これより世代の新しいASUSのネットブック EPCX101CH(Atom N2600 )が起動しなかったです。

・インスト直後
 画面上下が狭いので、ランチャーを下から左端に移動している。右クリックで配置先を下左右のいずれかに選択できる。

・ランチャーを起動したスクリーンショット
 ランチャーにはクラウドサービス(GooogleDrive、OneDrive、Evernote、Flickr、Twitter、Facebook)、Googleドキュメント(スプレッド、スライド含む)、G Mail などが標準で用意(リンク集)されてました。
 さらにブラウザを起動すると、PCで使っていたChromeブラウザのブックマークと同期が取られていました。すぐに使えそうな感じです。

test-other, test-PC

USB外付けのタッチパネル基盤

Aitendoから購入したUSB外付けのタッチパネル基盤ですが汎用性が高そうなので
ふと、Android にも適合するかもと思いためしてみました。

DSCN0010

用意したAndroid機は x86ネットブックの Epson Na02mini (Atom N280 メモリ1GB) で、
インストバージョンは Android x86 4.4 RC2 (最新?)です。

DSCN0008

Google Playより適当なお絵かきソフトをインストして試してみました。
結果、タッチパネルは認識できているようですが・・・

DSCN0009

座標と表示の位置があっていなくで90℃回っています。
キャリブレーションのメニューも設定内で見つからず・・・
内部の config設定を探して弄るといいのかもですが情報あるかな?

test-MB, test-PC, works21

Windows 10 を入れてみた

Windows 10のTechnical Preview版が公開されたのでインストしてみました。
ターゲットPCは works No.21 のCompo PC (vostro1014/1015のマザーを使用したもの)です。
このCompo PCにはマザーとは別に、タッチパネルの制御基板として汎用?の4線式抵抗膜用(USBインタフェース仕様)のものを使っています。
タッチパネルのドライバーインストがいるだろうと思ってましたが、なんとOS標準でタッチパネルの動作OKでした。
DSCN0035

DSCN0034

win10-touchpanel

この基板にはCY7C63723C-SXCというチップが乗っていて、調べると「nCoRe™ USB Combination Low-Speed USB and PS/2 Peripheral Controller」という汎用のUSBコントローラでした。タッチパネル専用というわけではないようですがうまくドライバ適合しました。ただしキャリブレーションが無いので別途それようのアプリ調達が必要です。・・・タッチパネルのドライバープロパティ見ると Driver Provider が eGalaxTouch となってます。サイトにいくとwin7/8/8.1用があったのですが、これかな?気が向いたら入れてみますね。

追伸1
先週Aitendo@秋葉に行ってきましたがこの基板¥999で安売りしてました。タッチスクリーンは別途用意する必要ありますが、純正品でなくてもジャンクな4線式でとりあえず動くはずですので使い道が広そうです・・・

追伸2
eGalaxTouchのタッチパネルドライバーをインストしてみました。
キャリブレーションできたので特に問題無いようです。
eGalaxTouch