test

300Wミニヒートガン

以前のiPhone4S修理で壊してしまったのはヒートガンで加熱しすぎてしまったかもなのですが、世間ではどうしているのだろうと思いしらべると、なかなかいい道具があるではありませんか。300W Mini Portable Heat Gunというもので、普通(1.5 kW?)よりもかなり小型です。調べると、このままでは熱収縮チューブなどには使えるのですが、基板から部品を外す用途(ハンダが溶ける)までは無理とのこと。でも、熱風の吹き出し口をしぼればいけるとの記事を見つけました。

300W Hot Air Gun

基板にダメージを与えず、簡単に表面実装部品を外す方法

この記事では「外径φ15で内径がφ8程度の継ぎ手」が良いとなっていました。継ぎ手って何?こういものらしいです。

eBayで購入しました。AC110V用を購入します(220V用もあり注意)。千円程度(Free Shipping 送料込み)でした。写真は白いモデルですが、説明都合です。

継手は持っていないので、手持ちで代用できるものがないかと考え、M8 mm用のナットを、2液性のエポキシ接着剤を使って、吹き出し口につけてみました。これで、直系13mm(0.5inch)の吹き出し口を、直系7mm弱(ナットの内側なので8 mmより狭い)に絞ることになります。

一般にエポキシ接着剤の耐熱性は高いらしいのですが、さすがにハンダが溶けるような温度は無理と思いつつもダメ元です。そのうちダメになるような気はしてますが、数回使ってもとれていないです。吹き出し口をしぼると熱風の流速も落ちるので、ヒートガンの発熱体(ニクロム線か?)にもよろしくないですよ。

基板近くで1分ほど熱風をあてると、その部品だけを外せてなかなか便利です。小型なので熱収縮チューブにも使いやすいです。でも、CPUのような大きいサイズは、さすがに外せそうにありません。

test

タッチパネル修理

Android-x86のタッチパネルのテストで、保管していたタッチパネルを引っ張り出してきたのですが、最初タッチしても反応しませんでした。いろいろ触ってみると反応するときあり、フレキ配線の接続部分を押した場合に正常になる感じです。

このタッチパネルはかなり前に入手していたのですが、全くの未使用品です。複数枚のどれも似た感じで、フレキの配線とガラス板側配線の接着箇所(おそらく導電性)が保管中に劣化したようです。

CP386024-01 と型名らしき表示があるので、調べるとLifeBook T1010 T5010あたりの部品のようです。

fujitsu touchpanel 13.3″Wide

昨年、別件で導電性インクが購入してあり、これを使ったらうまくリペアできました。リペアに使ったのは、SWITCH SCIENCEが取り扱っている、導電インクペン(Electric Paint)です。見た目は、黑いペンキのような感じ(まさにインク)です。接着性は無いタイプです。ちなみに、金属では無いのでそれなりの抵抗があります。

conductive paint

このインクで1cmほどの配線を作って、乾燥後テスターで測定すると100 Ωほどでした。写真の奥の2本目は、薄めに引いた場合で、こちらは 230 Ωでした。

conductive paint

リペアした手順です。
1) フレキを保護しているテープのみをはがす。

fujitsu touchpanel 13.3″Wide

2) フレキ側の接着面の半分ほどをカット。

fujitsu touchpanel 13.3″Wide

3) フレキ側は銅箔が見えるようにマイナスドライバー先などで磨いたのち、導電ペイントを塗る。面積がせまいので、つまようじにつけて、インクを置く感じ。

fujitsu touchpanel 13.3″Wide

4) 一晩ほど放置乾燥したあと耐熱テープで保護して終わりです。

この方法で他のタッチパネルも修理、でも1枚失敗(´∀`)えへへ、、、
失敗の原因はガラス板側の配線を強くこすりすぎて、その下の透明電極シートまでむき出しにしてしまったようです。抵抗値が適正にならず、さわってなくてもポインタがかってに原点に戻る症状。

タッチパネルの概要(Fujits.com資料)

test

HDMI to VGA変換アダプタ

eBayでHDMI(デジタル)出力をVGA(アナログ)に変換する変換アダプタが安かったのでテスト用に買ってみました。送料込みでJPY 374円です。この値段なので例によってChinaから、ではなくてPhilippineから国際郵便で届きました。

使い方はこんな感じで、ノートPCのHDMI出力をこのHDMI to VGA変換アダプタを使ってモニターのVGA入力につなぎます。


OSはWindows7ですが、拡張デスクトップで解像度認識など特に問題なかったです。


知りたかったのはここ。OS内でディスプレイ側をデジタルモニターで認識するのか、アナログ(VGA)モニターとして認識するかです。結果は、2番目のディスプレイ「デジタルテレビPL2390」となっているので、デジタル扱いと思われます。PL2390は、モニターがiiyamaのProLite XU2390HSなのでその略ですね。モニターからのDDC情報も正しくOS側に伝わっています。


ちなみに、ノートPCのVGA(アナログ)出力のほうから直接VGAケーブルだけでモニターに接続すると、2番目のディスプレイ「 PCモニターPL2390」となるので、正しく?アナログ扱いになるようです。

test

液晶パネルLP133WX1 のテスト 201408

前回の続きです。入手した液晶パネル LP133WX1 2枚、ジャンク品なので動くかどうかわかりません、テストしてみました。結果1枚はOKでしたが、もう1枚はNGでした。NGというのは、映るものの白点がけっこうある状態でした。
DSCN0024
白点が1つ2つというのは見たことあるのですが、写真のように模様になるほどあるというのは初めて見ました。

ちなみに液晶パネルの接続は普通にコネクタ接続してますが、液晶パネル側の20ピンコネクタに適合する手持ちケーブルがありませんでした。写真では普通に勘合してるように見えてますが、
DSCN0025

ピッチが同じ30ピンコネクタのものを写真のように20ピン分に切断、コネクタのコンタクトは信号アサインに合わせて入れ替えしてます。けっこう面倒でしたが、コネクタ接続しておかないとテストやりにくいですからね。
DSCN0026

test

液晶パネルLP133WX1 のテスト

前回の続きです。入手した液晶パネル LP133WX1 2枚、ジャンク品なので動くかどうかわかりません、テストしてみました。結果1枚はOKでしたが、もう1枚はNGでした。NGというのは、映るものの白点がけっこうある状態でした。
DSCN0024
白点が1つ2つというのは見たことあるのですが、写真のように模様になるほどあるというのは初めて見ました。

ちなみに液晶パネルの接続は普通にコネクタ接続してますが、液晶パネル側の20ピンコネクタに適合する手持ちケーブルがありませんでした。写真では普通に勘合してるように見えてますが、
DSCN0025

ピッチが同じ30ピンコネクタのものを写真のように20ピン分に切断、コネクタのコンタクトは信号アサインに合わせて入れ替えしてます。けっこう面倒でしたが、コネクタ接続しておかないとテストやりにくいですからね。
DSCN0026