test, works23

works23 WXGA monitor(2台目) 201407

前投稿、works23 WXGA monitor の2台目です。
こちらは、ノートPC,INSPIRON 700m の上半身を使ってます。
保守流れのようで物は未使用品でした。インバータは流用してます。(使いこなしに苦労した)
中身の液晶パネルは、12.1″のWXGA で、(B121EW03,1280×800,lvds single-6bit,CCFL-backlight)
液晶パネルの制御基板は、M.NT68676.2A というチップを使ったもので、eBayから調達、
この基板の入力信号は、HDMI+DVI+VGA 対応です。
基板、音声アンプの出力をINSPIRON 700m の上半身内臓のSPに接続しました。

写真は入力信号の確認用に、スティック型Android端末をHDMIコネクタに接続したものです。

INSPIRON-700m-B121EW03-front

ケースは元のオリジナル上半身に、自作の基板収納とスタンド部分を追加してます。
追加部分は前記事と同じ方法でアルミ材料から切断and折り曲げで作りました。

INSPIRON-700m-B121EW03-back

test, works23

works23 WXGA monitor 201406

バラックで使っていた10.6″のWXGA(LQ106K1LA01,1280×768,single-6bit,CCFL-backlight)の液晶パネルですが、
DSCN0051

ケースを自作しました。
いつものようにアルミ材料から切断and折り曲げで作りました。
スタンドの可動部分はノートPCのヒンジを利用してます。

monitor-top

test, works23

TV control boardテスト(WXGA、SXGA+)

前回は、このボードとXGAパネル(TM121XG、12.1″)の組み合わせでした。今回、
WXGAパネル(LQ106K1LA01、10.6″) とSXGA+パネル(LQ150F1LW04C、15″)の2種類テストしてみました。
結果はいずれのパネルも、HDMI入力、VGA入力どちらも動作しました。
(1)WXGAパネルとTV control board(↓)
WXGA-LQ106K1LA01
このWXGAパネルはノート用で、Single-LVDS入力6bit、1280×768解像度です。ところがボードのファームウエアにこの解像度に適合するものが見つかりませんでしった。近いもので1280×800解像度の次を使いました。
LTN154X3_L0D_1280X800_SI6L_3V_7KEY_IR_TYPE_LWJ_G32_SCH_POWER_ON_MV29P_LL130119
この長い名称には意味があっておそらく次と思われます。
・LTN154X3 ・・・適合パネルの型名
・1280X800 ・・・適合パネル解像度(今回使用したパネルと幅は同じですが上下解像度が違う。出力800に対しパネル768なので下が32ビット分切れると予想)
・SI6L ・・・適合パネルの入力I/F, Singe-LVDS入力6bit
・3V ・・・ 適合パネルが3V仕様(正確には3.3V)
・7KEY ・・・ ボードに接続する操作キーのスイッチ数が7個のタイプ?
・IR_TYPE_LWJ_G32_SCH ・・・ この辺の意味は不明、IRなのでリモコンの適合タイプ?
・POWER_ON ・・・使って判ったのですがボードへDC供給した時点で電源が入った(表示が出力される)のでその意味?

実際の動作写真(↓)
パナのHDDレコーダ(HDMI出力) + TV control board(HDMI入力) +WXGAパネル(LQ106K1LA01:1280×768)
前回のXGAパネルの同一画面と比較して、画面上下のカラーバーのうち下部分が無いので予想どおり下32ビット分切れている。このファームウエアでも(HDMI出力)からの音声のほうは問題無し。
TV control board

PCにつないでアナログVGA入力のほうもチェックしたのですが、PC出力の解像度1280×800を用意できず。やむなく1280×768があったのでそれ入れると、1366×768(で認識した)と表示されました。どうも誤表示してるようです・・・
Windows-WXGA

(2)SXGA+パネルとTV control board(↓)
SXGA+パネルは元VIOAノートのもの、15″で型名LQ150F1LW04C、Dual-LVDS入力6bit、1400×1050解像度です。
HDMI入力、VGA入力どちらも動作OKでした。SXGA+はXGA同様アスペクトが4:3なのでHDMI映像は縦に伸張されるようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

test, works23

TV control boardテスト(WXGA、SXGA+) 201402

前回は、このボードとXGAパネル(TM121XG、12.1″)の組み合わせでした。今回、
WXGAパネル(LQ106K1LA01、10.6″) とSXGA+パネル(LQ150F1LW04C、15″)の2種類テストしてみました。
結果はいずれのパネルも、HDMI入力、VGA入力どちらも動作しました。
(1)WXGAパネルとTV control board(↓)
WXGA-LQ106K1LA01
このWXGAパネルはノート用で、Single-LVDS入力6bit、1280×768解像度です。ところがボードのファームウエアにこの解像度に適合するものが見つかりませんでしった。近いもので1280×800解像度の次を使いました。
LTN154X3_L0D_1280X800_SI6L_3V_7KEY_IR_TYPE_LWJ_G32_SCH_POWER_ON_MV29P_LL130119
この長い名称には意味があっておそらく次と思われます。
・LTN154X3 ・・・適合パネルの型名
・1280X800 ・・・適合パネル解像度(今回使用したパネルと幅は同じですが上下解像度が違う。出力800に対しパネル768なので下が32ビット分切れると予想)
・SI6L ・・・適合パネルの入力I/F, Singe-LVDS入力6bit
・3V ・・・ 適合パネルが3V仕様(正確には3.3V)
・7KEY ・・・ ボードに接続する操作キーのスイッチ数が7個のタイプ?
・IR_TYPE_LWJ_G32_SCH ・・・ この辺の意味は不明、IRなのでリモコンの適合タイプ?
・POWER_ON ・・・使って判ったのですがボードへDC供給した時点で電源が入った(表示が出力される)のでその意味?

実際の動作写真(↓)
パナのHDDレコーダ(HDMI出力) + TV control board(HDMI入力) +WXGAパネル(LQ106K1LA01:1280×768)
前回のXGAパネルの同一画面と比較して、画面上下のカラーバーのうち下部分が無いので予想どおり下32ビット分切れている。このファームウエアでも(HDMI出力)からの音声のほうは問題無し。
TV control board

PCにつないでアナログVGA入力のほうもチェックしたのですが、PC出力の解像度1280×800を用意できず。やむなく1280×768があったのでそれ入れると、1366×768(で認識した)と表示されました。どうも誤表示してるようです・・・
Windows-WXGA

(2)SXGA+パネルとTV control board(↓)
SXGA+パネルは元VIOAノートのもの、15″で型名LQ150F1LW04C、Dual-LVDS入力6bit、1400×1050解像度です。
HDMI入力、VGA入力どちらも動作OKでした。SXGA+はXGA同様アスペクトが4:3なのでHDMI映像は縦に伸張されるようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

test, works23

TV control boardテスト(XGA)

TSUMV29LU というTV制御チップがのった基盤、前回の続きです。
TV control boardですが中華圏?のTV機能はどうでも良いので、HDMI/PC-RGB入力から液晶LVDS出力/(HDMIからの)音声出力の変換が実現できるかのテストになります。基盤にはコンポジット入力(CVBS?:PAL/NTSC/SECAM?)もありますが使用予定ないので省略です。

基盤名(裏のシルク表示):LA.MV29.P
MODEL :T.VST29.03(?)
調べるとスペックシートと書き込みファームウエアが拾えました。
スペックシートからはコネクタピンアサインが判明
書き込みファームウエアは、液晶パネルの型名対応で30種類分ほど入手できましたが、ノート用パネル対応のものより液晶モニタ/テレビ向け対応が多いようです(TV制御基盤なので当たり前ですが)
入手できたファームウエアのリスト

2014/01/16追記 TSUMV59XU/XEの資料ですが今回入手したものはTSMU29LU、違いはTVのTELETEXT/NICAMとUSB機能とありました。
test-spec
スペックシートの冒頭に、T.VST29.03 is analog TV control board, which is suitable for Asia-Pacific and Middle-East market. とあり。
各マーケット向けにファームウエアを変更し液晶テレビに組み込み、販売なのでしょう。
(基盤は違うが液晶TVへの組み込みはたぶんこんな感じ)

基盤も制御チップの違い、入力コネクタの種類違いで各種あるようです。
種類多く結構混乱ですが制御チップは、TSUMV29 ->TSUMV39 ->TSUMV59 と機能進化しているようです。

ファームウエアの書き換えは次の手順、LAMV29.binファイルをUSBメモリに事前書き込む。
そのUSBメモリを基盤に挿して電源オンするだけ。10秒~20秒程度で勝手に終わります。
これで各種液晶パネルに対応できるので非常に簡単です。
Step of USB upgrade:
1、put the document of “LAMV29.bin” to USB flsh disk ,then insert the usb disk and the keyboard to the board .
2、after turn on the power ,the light of the keyboard will flash.when the light stop flashing ,it means upgrade has finished.

手持ちのXGAパネル(TM121XG TORISAN製)、スイッチキーボード、LCDインバータを取り付け、液晶ケーブルを接続
test-TM121XG

XGAのファームウエアならたぶんOKではと思ったのですが、最初書き込んだものはダメでした。2つ目もダメ。
書き込み時のLED点滅は手順どおり > 書き込みは正常のよう。
表示は全体が1色でゆっくり流れる感じ > 信号は出ているが同期がダメ
どうも同期が合ってないのか、、、
ファームウエアの中から、ノート用(6bit)液晶パネルで国産LCDパネルのXGAのものを探して3つ目をトライ。
「PNL_TX36D70VC1CAD_1024X768_SI6L_3V_・・・
という日立パネル向けのファームウエア、これが当たりでした。

「入力信号無し」の中国語?メッセージが出ました。これで基盤-液晶パネルの接続が成立です!
スイッチキーボードを操作して入力信号の選択をします。4つの内上から2つめはHDMIなので判りますが、残り3つは何?、中国語判りません(つД`)、順番に試すと4つ目がPC-RGB入力でした。(設定で言語選択が見つかりませんでした。中国圏の液晶TV向けだからだと思います。)
test-VGA

次に手持ちHDDレコーダのHDMI出力と接続
映像OK、でも液晶パネルがXGAのアスペクト比4:3なので、上下に伸張されて表示されるようです。画像中央の女の子の写真は「円」のはずですが上下に伸びた楕円で映っている。
なお、HDMI入力(映像/音声)からの音声は、問題なく基盤のイヤフォン端子から聞こえました。
test-HDMI
↓ HDDレコーダからオンライン(LAN接続)でYoutube再生
test-youtube

この基盤なかなか使えそうですが1つ残念なのは、表示中で電源供給切り、再投入した場合に元の表示状態にならず。スイッチOFFの状態になること。表示させるにはスイッチONさせる必要ありです。おそらくテレビ用だからと思います。
これが一般の液晶モニターの場合だと、表示中で電源切り、再投入で元の表示状態に戻るのですけどね。

2013/01/13追記
液晶TV用基盤なので?、基盤に取り付けるIR受光素子とリモコンが付いてきているのですが、まだ手を付けていないです。m(U U)m
何か設定できることが増えるかもしれない。

test, works23

TV control boardテスト(XGA) 201401

TSUMV29LU というTV制御チップがのった基盤、前回の続きです。
TV control boardですが中華圏?のTV機能はどうでも良いので、HDMI/PC-RGB入力から液晶LVDS出力/(HDMIからの)音声出力の変換が実現できるかのテストになります。基盤にはコンポジット入力(CVBS?:PAL/NTSC/SECAM?)もありますが使用予定ないので省略です。

基盤名(裏のシルク表示):LA.MV29.P
MODEL :T.VST29.03(?)
調べるとスペックシートと書き込みファームウエアが拾えました。
スペックシートからはコネクタピンアサインが判明
書き込みファームウエアは、液晶パネルの型名対応で30種類分ほど入手できましたが、ノート用パネル対応のものより液晶モニタ/テレビ向け対応が多いようです(TV制御基盤なので当たり前ですが)
入手できたファームウエアのリスト

2014/01/16追記 TSUMV59XU/XEの資料ですが今回入手したものはTSMU29LU、違いはTVのTELETEXT/NICAMとUSB機能とありました。
test-spec
スペックシートの冒頭に、T.VST29.03 is analog TV control board, which is suitable for Asia-Pacific and Middle-East market. とあり。
各マーケット向けにファームウエアを変更し液晶テレビに組み込み、販売なのでしょう。
(基盤は違うが液晶TVへの組み込みはたぶんこんな感じ)

基盤も制御チップの違い、入力コネクタの種類違いで各種あるようです。
種類多く結構混乱ですが制御チップは、TSUMV29 ->TSUMV39 ->TSUMV59 と機能進化しているようです。

ファームウエアの書き換えは次の手順、LAMV29.binファイルをUSBメモリに事前書き込む。
そのUSBメモリを基盤に挿して電源オンするだけ。10秒~20秒程度で勝手に終わります。
これで各種液晶パネルに対応できるので非常に簡単です。
Step of USB upgrade:
1、put the document of “LAMV29.bin” to USB flsh disk ,then insert the usb disk and the keyboard to the board .
2、after turn on the power ,the light of the keyboard will flash.when the light stop flashing ,it means upgrade has finished.

手持ちのXGAパネル(TM121XG TORISAN製)、スイッチキーボード、LCDインバータを取り付け、液晶ケーブルを接続
test-TM121XG

XGAのファームウエアならたぶんOKではと思ったのですが、最初書き込んだものはダメでした。2つ目もダメ。
書き込み時のLED点滅は手順どおり > 書き込みは正常のよう。
表示は全体が1色でゆっくり流れる感じ > 信号は出ているが同期がダメ
どうも同期が合ってないのか、、、
ファームウエアの中から、ノート用(6bit)液晶パネルで国産LCDパネルのXGAのものを探して3つ目をトライ。
「PNL_TX36D70VC1CAD_1024X768_SI6L_3V_・・・
という日立パネル向けのファームウエア、これが当たりでした。

「入力信号無し」の中国語?メッセージが出ました。これで基盤-液晶パネルの接続が成立です!
スイッチキーボードを操作して入力信号の選択をします。4つの内上から2つめはHDMIなので判りますが、残り3つは何?、中国語判りません(つД`)、順番に試すと4つ目がPC-RGB入力でした。(設定で言語選択が見つかりませんでした。中国圏の液晶TV向けだからだと思います。)
test-VGA

次に手持ちHDDレコーダのHDMI出力と接続
映像OK、でも液晶パネルがXGAのアスペクト比4:3なので、上下に伸張されて表示されるようです。画像中央の女の子の写真は「円」のはずですが上下に伸びた楕円で映っている。
なお、HDMI入力(映像/音声)からの音声は、問題なく基盤のイヤフォン端子から聞こえました。
test-HDMI
↓ HDDレコーダからオンライン(LAN接続)でYoutube再生
test-youtube

この基盤なかなか使えそうですが1つ残念なのは、表示中で電源供給切り、再投入した場合に元の表示状態にならず。スイッチOFFの状態になること。表示させるにはスイッチONさせる必要ありです。おそらくテレビ用だからと思います。
これが一般の液晶モニターの場合だと、表示中で電源切り、再投入で元の表示状態に戻るのですけどね。

2013/01/13追記
液晶TV用基盤なので?、基盤に取り付けるIR受光素子とリモコンが付いてきているのですが、まだ手を付けていないです。m(U U)m
何か設定できることが増えるかもしれない。

LIFE, test, works23

2014年、おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
元旦そうそうですが怪しげな商品が本日届いたので紹介?
注文はeBayに2週間ほど前、本日国際郵便で Empire Techno Centre @シンガポールから無事到着しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
TSUMV29LU というTV制御チップがのった基盤。
VGA/HDMI/コンポジット入力対応で安価だったのが購入した理由。(送料込み US $14.14)
TV機能はどうでもよくて、HDMI入力の液晶モニターを作るのが目的。
安価なのはどこぞの液晶TV制御基盤で不要になったものを卸しているのかと・・・
対応液晶パネルはというと、eBay商品案内によると結構対応しているようです。
(↓注:画面キャプチャ)
LCD controller board
対応LCDのパラメータは書き込んだUSBメモリを基盤に挿して、電源オンすると自動読み込みするとのこと。はたして・・・

test

HDCP対応液晶ディスプレイ

昨年の記事、ネットワークメディアプレーヤーAV-LS500LEで、地デジ録画再生
の続編です。この時は結局
Link Player AV-LS500LE + パチンコ液晶改造のコンポジット入力モニタ
を使ってHDDレコーダの録画番組を再生する内容でした。

でも、モニタをDVIデジタル/HD15アナログ入力の液晶で
・HDDレコーダの録画番組は、DVI入力
・PC使用時は、アナログ入力
とできると、モニタ1台ですみ、デジタル直接なので画質が期待できます。

でも、地デジ録画再生には、DTCP-IP(著作権保護)に対応したものが必要です。
液晶モニタの仕様には、HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection system)対応液晶ディスプレイ とか記載されているようです。
で、我が家で使っていたDVI/HD15アナログの液晶モニタは旧式のFlexScan L465(16″SXGA)で対応していません。
昨年試したときは再生できませんでした。

なので、HDCP対応液晶で最も安いのを調べ買ってきました。
iiyamaのPro Lite E1706S(17″SXGA)です。Amazonで1万切ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく
Link Player AV-LS500LE + Pro Lite E1706S(↑ 写真のもの)
の組合せで、接続はHDMIケーブルを使用し、液晶モニタ側でHDMI/DVI変換コネクタを使用します。
これで本当に映るのかちょっと心配でしたが、、、
映りました (^^)


 

 

 

 

 

 

 

 

うまく写ったので、HDCP対応してないモニタはやはりダメなんだよね(疑り深い?)
Link Player AV-LS500LE + FlexScanL465(16″SXGA)
をもう一度試してみる気になり、試してみるとなんと映りました~ (^^)
なんで映るの???
です。



DTCP-IP(著作権保護)はまやかしなのか?
試してみました。
方法は、我が家のHDDレコーダのHDMI出力に、液晶モニタを直接接続です。

HDDレコーダは2種
・Pana DIGAの、 DMR-BWT500 (Blu-ray/HDDレコーダー)
・Toshiba REGZAの、RD-S303 (DVD/HDDレコーダー)
液晶モニタは先の2種
・Pro Lite E1706S(17″SXGA) ・・・HDCP対応
・FlexScanL465(16″SXGA) ・・・HDCP非対応?

結果
・Pro Lite E1706S(17″SXGA) では、HDDレコーダ2種類とも、HDMI出力使用して映りました。
写真(下)がその時のもの、写真でInput Not Supported エラーと映ってますが、HDDレコーダ側で出力解像度を弄っているためでAutoにしておけば出ません。
カタログ仕様どおり、HDCP対応液晶モニタということで映ります。
但し、コンポジットアナログよりは十分綺麗ですけど解像度は720×480だけのようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・FlexScanL465(16″SXGA)では、HDDレコーダ2種類とものHDMI出力、映りませんでした。。。
(写ってないので写真は無し)



DTCP-IP(著作権保護)はまやかしでは無いようです。

では、Link Player AV-LS500LE (HDMI出力)だとなぜHDCP非対応?のモニタでも映るのか?
表示側の解像度みると 720×480 となっているので低解像度だから?
AV-LS500LEのファームのバージョンアップとかしていないし、、、
Link Player +HDCP非対応モニタは映らないものと、勝手に思い込んでいただけだったのか_| ̄|○

気分を変えて、せっかく映るので他モニタでも・・・
こういう組合せも試してみました。



 

 

 

 

 

 

 

 

Link Player(右)
液晶モニタ側(左):HDMI/DVI変換コネクタでHDMIケーブルを接続

写真でモニタがQuixumとなってますが、その昔の改造品で中身は別物です。
DVI入力仕様の、10″XGAモニター/音声アンプ内蔵品です。

一応、HDDレコーダーで録画した番組をネット経由で再生中の動画(再生20秒ほど)です。
[flv:X0554.flv 640 480]

せっかく新品で買った、iiyamaのPro Lite E1706S(17″SXGA) は、オクラになってます。(o_ _)o
FlexScanL465(16″SXGA) を Pro Lite E1706S(17″SXGA) と置き換えれば良いのですが、
FlexScanのほうは前面にDVI/HD15の切り替えスイッチがあって、
録画再生中でも、簡単にPC側に切り替えできて、便利なのです。(v_v)

補足
Pro Lite E1706Sでも、モニタ前面のスイッチでメニュー選択からDVI/HD15の入力切り替えできますけど、DVI/HD15切替を行ったり来たりするのはやってられんです。

test, works21

Wacom Digitizer Unit (SU5E-13W01AS-01X)

WXGA液晶パネルのほうですが、調べるとfujitsu siemens lifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身パーツのようです。とりあえず分解してみました。
Tablet PCなので通常のノートPC以上にいろいろついてます。主要なのは
・液晶パネル:BOE HYDIS TECHNOLOGY製、型名 HV133WX1-100
・タッチ入力デバイス:Wacom Digitizer Unit 、型名 SU5E-13W01AS-01X
・Scroll Sencer :Synoptics製?
・指紋認証センサー
・Webcamカメラ
・アンテナ4個(LANx2,Bluetoothx1,あと1不明)

液晶パネルのデータシートは型名検索であっさり拾えました。LEDバックライトで、バックライト回路は液晶パネルに組み込まれているようです。通常のバックライト用インバータ基板はありません。
コネクタはピッチ0.4mmの40pinで、独自配線はちょっとホネが折れそうな感じです。

興味あるのはWacom Digitizer Unitのほうで、かなり調べました。
2010年、UKのForumでこのDigitizer Unitを使いこなすべく?話題になってました。
残念なことに肝心のピンアサイン、別モデルの(SU5R-12W12AU-01X)は解析進んでいるようでしたが、SU5E-13W01AS-01X は話題なしです。
参考にしたURL、この先にいろいろスレッドあり
Wacom Model Numberごとに整理されてます。
SU5E-13W01AS-01X は使用先、Fujitsu-LifeBook T5010 になってます。

SU5E-13W01AS-01Xは14ピンコネクタでケーブル配線されているのですが、内配線されているのは、pin1,7-14のみで、pin2-6は未使用です。基板側パタンと配線ケーブル見比べると、予想されるUSBとシリアルのうち、シリアル側のみ使用されているようです。

シリアルのピンアサイン解析はシンドイというか不可能に近いので、ダメ元で予想がつくUSB(D+,D-)を配線してみました。なお、電源ピンは Pin13:Vcc3.3V,Pin14:GND です。基板シルクにも書いてあるし・・・
・Pin2,3:(D+,D-) の入替
・pin1がアクティブOn/Offの可能性あり、Open/GND 選択
を試してみるも、結果はNG、PCのUSBに差してみても反応なしです・・・_| ̄|○
期待はwindowsがデバイスドライバが無いので入れろと言ってくること。
しばらくオクラになりそうです。動けばwin7でマルチタッチできそうなデバイスなのですが・(o_ _)o