test-MB, test-PC, works21

Windows 10 を入れてみた

Windows 10のTechnical Preview版が公開されたのでインストしてみました。
ターゲットPCは works No.21 のCompo PC (vostro1014/1015のマザーを使用したもの)です。
このCompo PCにはマザーとは別に、タッチパネルの制御基板として汎用?の4線式抵抗膜用(USBインタフェース仕様)のものを使っています。
タッチパネルのドライバーインストがいるだろうと思ってましたが、なんとOS標準でタッチパネルの動作OKでした。
DSCN0035

DSCN0034

win10-touchpanel

この基板にはCY7C63723C-SXCというチップが乗っていて、調べると「nCoRe™ USB Combination Low-Speed USB and PS/2 Peripheral Controller」という汎用のUSBコントローラでした。タッチパネル専用というわけではないようですがうまくドライバ適合しました。ただしキャリブレーションが無いので別途それようのアプリ調達が必要です。・・・タッチパネルのドライバープロパティ見ると Driver Provider が eGalaxTouch となってます。サイトにいくとwin7/8/8.1用があったのですが、これかな?気が向いたら入れてみますね。

追伸1
先週Aitendo@秋葉に行ってきましたがこの基板¥999で安売りしてました。タッチスクリーンは別途用意する必要ありますが、純正品でなくてもジャンクな4線式でとりあえず動くはずですので使い道が広そうです・・・

追伸2
eGalaxTouchのタッチパネルドライバーをインストしてみました。
キャリブレーションできたので特に問題無いようです。
eGalaxTouch

test-MB, test-PC, works21

Windows 10 を入れてみた 201410

Windows 10のTechnical Preview版が公開されたのでインストしてみました。
ターゲットPCは works No.21 のCompo PC (vostro1014/1015のマザーを使用したもの)です。
このCompo PCにはマザーとは別に、タッチパネルの制御基板として汎用?の4線式抵抗膜用(USBインタフェース仕様)のものを使っています。
タッチパネルのドライバーインストがいるだろうと思ってましたが、なんとOS標準でタッチパネルの動作OKでした。
DSCN0035

DSCN0034

win10-touchpanel

この基板にはCY7C63723C-SXCというチップが乗っていて、調べると「nCoRe™ USB Combination Low-Speed USB and PS/2 Peripheral Controller」という汎用のUSBコントローラでした。タッチパネル専用というわけではないようですがうまくドライバ適合しました。ただしキャリブレーションが無いので別途それようのアプリ調達が必要です。・・・タッチパネルのドライバープロパティ見ると Driver Provider が eGalaxTouch となってます。サイトにいくとwin7/8/8.1用があったのですが、これかな?気が向いたら入れてみますね。

追伸1
先週Aitendo@秋葉に行ってきましたがこの基板¥999で安売りしてました。タッチスクリーンは別途用意する必要ありますが、純正品でなくてもジャンクな4線式でとりあえず動くはずですので使い道が広そうです・・・

追伸2
eGalaxTouchのタッチパネルドライバーをインストしてみました。
キャリブレーションできたので特に問題無いようです。
eGalaxTouch

works21

Windows 8.1 Preview版 201307

No.21 Compo PC のOS更新しました。
Windows 8 Release Preview(8RP)版(無料)からWindows 8.1 Preview(8.1P)版(無料)にです。
(8.1P)版は先月(6月)Microsoftからダウンロードできてますがようやく更新しました。
スタートもどきが復活して多少、使い勝手が良くなりました。

(8.1P)版の気になる評価期限は、来年2014年1月15日までとのこと。
期限すぎると強制再起動しますよとメッセージが出てくると思われます。
(8RP)版がそうでしたから・・・

気になって実際試してみました。

BIOS時計を未来に向かってタイムマシーンヽ(´o`;

win81preview_date20140116a
BIOS日付、2014年1月16日での画面(画面右下、参照)
スタート画面の日付情報なかったのでキャプチャしてデスクトップ画面でペイントに貼り付けたもの。
予想どおりの警告発令ですね。

タイムマシーンが戻るには
1) BIOS日付を元に戻して起動 —> 警告あり(OS起動後の日付変わらず)
2) OS日付を元にして再起動 —> 警告あり(日付は元に戻っているが)
3) 何もしないで再起動 —> 警告無し
でした。その後、支障なし。

works21

Windows 8.1 Preview版

No.21 Compo PC のOS更新しました。
Windows 8 Release Preview(8RP)版(無料)からWindows 8.1 Preview(8.1P)版(無料)にです。
(8.1P)版は先月(6月)Microsoftからダウンロードできてますがようやく更新しました。
スタートもどきが復活して多少、使い勝手が良くなりました。

(8.1P)版の気になる評価期限は、来年2014年1月15日までとのこと。
期限すぎると強制再起動しますよとメッセージが出てくると思われます。
(8RP)版がそうでしたから・・・

気になって実際試してみました。

BIOS時計を未来に向かってタイムマシーンヽ(´o`;

win81preview_date20140116a
BIOS日付、2014年1月16日での画面(画面右下、参照)
スタート画面の日付情報なかったのでキャプチャしてデスクトップ画面でペイントに貼り付けたもの。
予想どおりの警告発令ですね。

タイムマシーンが戻るには
1) BIOS日付を元に戻して起動 —> 警告あり(OS起動後の日付変わらず)
2) OS日付を元にして再起動 —> 警告あり(日付は元に戻っているが)
3) 何もしないで再起動 —> 警告無し
でした。その後、支障なし。

works21

Works21 完成

Windows8の発売に合わせたわけではないけれど完成しました。
タッチパネル仕様の一体型PCになります。

ノートマザーとタッチパネル上半身ユニットを買った1年前のお買い物から構想はあったのでWindows8発売前にはできるだとうと思っていましたがタッチパネルに手こずりました。上半身ユニットに元付いていたWACOMの電磁誘導式タッチパネルは、今も解析不能のままです。(ρ_;)
同一サイズの13.3″WXGA抵抗膜タッチパネルが安く手に入ったのと、運良くUSBのタッチパネルコントローラも購入できたので実現できました。
詳しくは、Homepage の Works21 – Compo PCを参照下さい。

works21

Works21 完成 201211

Windows8の発売に合わせたわけではないけれど完成しました。
タッチパネル仕様の一体型PCになります。

ノートマザーとタッチパネル上半身ユニットを買った1年前のお買い物から構想はあったのでWindows8発売前にはできるだとうと思っていましたがタッチパネルに手こずりました。上半身ユニットに元付いていたWACOMの電磁誘導式タッチパネルは、今も解析不能のままです。(ρ_;)
同一サイズの13.3″WXGA抵抗膜タッチパネルが安く手に入ったのと、運良くUSBのタッチパネルコントローラも購入できたので実現できました。
詳しくは、Homepage の Works21 – Compo PCを参照下さい。

works21

ベース作り

Tablet PCモデルの上半身パーツを固定するベース作りです。
ある程度重さがあるものが良いので、ガラクタから探しだしたのがこれ。
どこぞの液晶モニタの台座に収まっていたものです。
厚み4mmの鉄製、実測750g

この台と上半身パーツを結合するため、アルミ1.5tを加工して写真のような繋ぎ物を作りました。

鉄製台の既存ねじ穴を利用して、鉄板に固定

上半身パーツに合わせて黒色に塗装(スプレーでひと塗りしただけ)してます。
つやありすぎで鏡面状態ですが、つや消しが良かったな(T_T)
写真のようにねじ固定してます。作る前は1.5tアルミで大丈夫か心配でしたが強度は十分でした。
(曲げる箇所がハンドクラフトなので経験からこの幅でも1.5t厚が限界、
2t厚になると切断はできても曲げる工作が難しいです。)

works21

ベース作り 201210

Tablet PCモデルの上半身パーツを固定するベース作りです。
ある程度重さがあるものが良いので、ガラクタから探しだしたのがこれ。
どこぞの液晶モニタの台座に収まっていたものです。
厚み4mmの鉄製、実測750g

この台と上半身パーツを結合するため、アルミ1.5tを加工して写真のような繋ぎ物を作りました。

鉄製台の既存ねじ穴を利用して、鉄板に固定

上半身パーツに合わせて黒色に塗装(スプレーでひと塗りしただけ)してます。
つやありすぎで鏡面状態ですが、つや消しが良かったな(T_T)
写真のようにねじ固定してます。作る前は1.5tアルミで大丈夫か心配でしたが強度は十分でした。
(曲げる箇所がハンドクラフトなので経験からこの幅でも1.5t厚が限界、
2t厚になると切断はできても曲げる工作が難しいです。)

works21

表示ユニットの加工 201210

前回投稿、タッチパネルの板(13.3″WideLCD用)の組込みです。
組込み先はfujitsu siemens lifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身。

タッチパネルの板を組み込むと板自体が1.5mmほどありその分厚くなります。
板を取り付けてカバーを閉めると閉まらない (T.T)
液晶パネルを保持しているステーを良く見ると若干奥方向に余裕がありそうです。
ケースに固定されるステーを写真のように加工、
・写真内左、元まっすぐだったのを折り曲げ加工
・写真内右、でっぱりをヤスリで削る
奥行き方向に液晶パネルが取り付くようにしました。
これでタッチパネルの板(写真、緑の縁があるもの)を組み込むことができます。

上半身からは
・このケースには前面に透明パネルがついているのですが取外し
・Wacomの電磁誘導タッチパネルはあきらめたので取り外し
・その他、内部配線は、WLANアンテナを除いて全て取り外し
ケース裏側に配線用の穴をあけます。
ドリルΦ3mmで穴あけ、ひたすらつないで四角にしました。

写真ボケてますが (v_v)、表示ユニットの完成・・・
マザーユニット側との接続は、写真の番号対応で、
1.液晶接続
2.タッチパネル(4wire)
3.WLANアンテナ同軸(mainとaux?)
になります。

works21

表示ユニットの加工

前回投稿、タッチパネルの板(13.3″WideLCD用)の組込みです。
組込み先はfujitsu siemens lifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身。

タッチパネルの板を組み込むと板自体が1.5mmほどありその分厚くなります。
板を取り付けてカバーを閉めると閉まらない (T.T)
液晶パネルを保持しているステーを良く見ると若干奥方向に余裕がありそうです。
ケースに固定されるステーを写真のように加工、
・写真内左、元まっすぐだったのを折り曲げ加工
・写真内右、でっぱりをヤスリで削る
奥行き方向に液晶パネルが取り付くようにしました。
これでタッチパネルの板(写真、緑の縁があるもの)を組み込むことができます。

上半身からは
・このケースには前面に透明パネルがついているのですが取外し
・Wacomの電磁誘導タッチパネルはあきらめたので取り外し
・その他、内部配線は、WLANアンテナを除いて全て取り外し
ケース裏側に配線用の穴をあけます。
ドリルΦ3mmで穴あけ、ひたすらつないで四角にしました。

写真ボケてますが (v_v)、表示ユニットの完成・・・
マザーユニット側との接続は、写真の番号対応で、
1.液晶接続
2.タッチパネル(4wire)
3.WLANアンテナ同軸(mainとaux?)
になります。