test-MB, test-PC, works21

Windows 10 を入れてみた 201410

Windows 10のTechnical Preview版が公開されたのでインストしてみました。
ターゲットPCは works No.21 のCompo PC (vostro1014/1015のマザーを使用したもの)です。
このCompo PCにはマザーとは別に、タッチパネルの制御基板として汎用?の4線式抵抗膜用(USBインタフェース仕様)のものを使っています。
タッチパネルのドライバーインストがいるだろうと思ってましたが、なんとOS標準でタッチパネルの動作OKでした。
DSCN0035

DSCN0034

win10-touchpanel

この基板にはCY7C63723C-SXCというチップが乗っていて、調べると「nCoRe™ USB Combination Low-Speed USB and PS/2 Peripheral Controller」という汎用のUSBコントローラでした。タッチパネル専用というわけではないようですがうまくドライバ適合しました。ただしキャリブレーションが無いので別途それようのアプリ調達が必要です。・・・タッチパネルのドライバープロパティ見ると Driver Provider が eGalaxTouch となってます。サイトにいくとwin7/8/8.1用があったのですが、これかな?気が向いたら入れてみますね。

追伸1
先週Aitendo@秋葉に行ってきましたがこの基板¥999で安売りしてました。タッチスクリーンは別途用意する必要ありますが、純正品でなくてもジャンクな4線式でとりあえず動くはずですので使い道が広そうです・・・

追伸2
eGalaxTouchのタッチパネルドライバーをインストしてみました。
キャリブレーションできたので特に問題無いようです。
eGalaxTouch

test-MB, test-PC, works21

Windows 10 を入れてみた

Windows 10のTechnical Preview版が公開されたのでインストしてみました。
ターゲットPCは works No.21 のCompo PC (vostro1014/1015のマザーを使用したもの)です。
このCompo PCにはマザーとは別に、タッチパネルの制御基板として汎用?の4線式抵抗膜用(USBインタフェース仕様)のものを使っています。
タッチパネルのドライバーインストがいるだろうと思ってましたが、なんとOS標準でタッチパネルの動作OKでした。
DSCN0035

DSCN0034

win10-touchpanel

この基板にはCY7C63723C-SXCというチップが乗っていて、調べると「nCoRe™ USB Combination Low-Speed USB and PS/2 Peripheral Controller」という汎用のUSBコントローラでした。タッチパネル専用というわけではないようですがうまくドライバ適合しました。ただしキャリブレーションが無いので別途それようのアプリ調達が必要です。・・・タッチパネルのドライバープロパティ見ると Driver Provider が eGalaxTouch となってます。サイトにいくとwin7/8/8.1用があったのですが、これかな?気が向いたら入れてみますね。

追伸1
先週Aitendo@秋葉に行ってきましたがこの基板¥999で安売りしてました。タッチスクリーンは別途用意する必要ありますが、純正品でなくてもジャンクな4線式でとりあえず動くはずですので使い道が広そうです・・・

追伸2
eGalaxTouchのタッチパネルドライバーをインストしてみました。
キャリブレーションできたので特に問題無いようです。
eGalaxTouch

works21

マザーユニットとタッチパネル接続 201210

vostro 1014のマザーユニットとタッチパネルを接続しました。
表示ユニットにはlifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身パーツ使っているので
本来の電磁誘導式タッチパネルが使えると良かったのですが・・・解析できずで結局あきらめ(;_;)

別手段にしました(^^;
・タッチパネルの板(13.3″WideLCD用)はオクで入手(¥1円!+送料)どうもF社のノートPC用
・コントローラはAitendoさんの特売品(¥999円+送料)のUSBタイプを使用、今でもありますね。

抵抗膜方式のタッチパネルを使う場合
板とコントローラの組み合わせがどうなる?が疑問でした。事前に調べた結果、
結線は4wire/5wire/8wireが代表的で、どうもノートPCはほとんどが4wire。
4wireの板と4wireのコントローラであれば原理的に組み合わせは問題なさそうとの予想
実際Aitendoさんのコントローラ(USB)で今回使ったのを含め3種類のタッチパネルの板でテストしてみました。
精度までは見てないですが、いずれもタッチ動作は問題ありませんでした。

コントローラ(USB)のドライバ
win95~win7、winCE、MacOS9~ X、Linux各種サポートとなっていたので、
今回のwin8(RP版)でもたぶん動くでしょということで。

板とコントローラの配線
付属品として付いているケーブルは、Aitendoさん販売の板は当然、そのまま嵌合すると思いますが、今回使った(13.3″Wide LCD用)板はノートPCによくある?フィルムの先端がそのまま電極になっているタイプ。
なのでそのままでは接続できません。ケーブル長さも足らないし、線材も硬いので、Let’s自作(‘_’)
不動のノートマザーからコネクタ剥ぎとって板側を接続、コントローラ側は付属品ケーブルのコネクタのみ流用です。

写真上:付属品本来のケーブル
写真下:自作のケーブルとコントローラ(USB)

マザーユニットとタッチパネルの接続確認中

タッチパネルコントローラ(USB)[CY-4W-USB-03]
主な仕様(Aitendoさんから主なものを引用)
・タッチパネルコントローラ、USBパワーで電源供給、別途電源アダプタは必要ない、消費電流:70〜100mA、
・4-wire抵抗膜型タッチスクリーン対応、
・付属品:USB側接続ケーブル、タッチスクリーン側ピッチ変換ケーブル(2.0mmピッチ2.54mmピッチ)
・搭載チップXPT2046

works21

マザーユニットとタッチパネル接続

vostro 1014のマザーユニットとタッチパネルを接続しました。
表示ユニットにはlifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身パーツ使っているので
本来の電磁誘導式タッチパネルが使えると良かったのですが・・・解析できずで結局あきらめ(;_;)

別手段にしました(^^;
・タッチパネルの板(13.3″WideLCD用)はオクで入手(¥1円!+送料)どうもF社のノートPC用
・コントローラはAitendoさんの特売品(¥999円+送料)のUSBタイプを使用、今でもありますね。

抵抗膜方式のタッチパネルを使う場合
板とコントローラの組み合わせがどうなる?が疑問でした。事前に調べた結果、
結線は4wire/5wire/8wireが代表的で、どうもノートPCはほとんどが4wire。
4wireの板と4wireのコントローラであれば原理的に組み合わせは問題なさそうとの予想
実際Aitendoさんのコントローラ(USB)で今回使ったのを含め3種類のタッチパネルの板でテストしてみました。
精度までは見てないですが、いずれもタッチ動作は問題ありませんでした。

コントローラ(USB)のドライバ
win95~win7、winCE、MacOS9~ X、Linux各種サポートとなっていたので、
今回のwin8(RP版)でもたぶん動くでしょということで。

板とコントローラの配線
付属品として付いているケーブルは、Aitendoさん販売の板は当然、そのまま嵌合すると思いますが、今回使った(13.3″Wide LCD用)板はノートPCによくある?フィルムの先端がそのまま電極になっているタイプ。
なのでそのままでは接続できません。ケーブル長さも足らないし、線材も硬いので、Let’s自作(‘_’)
不動のノートマザーからコネクタ剥ぎとって板側を接続、コントローラ側は付属品ケーブルのコネクタのみ流用です。

写真上:付属品本来のケーブル
写真下:自作のケーブルとコントローラ(USB)

マザーユニットとタッチパネルの接続確認中

タッチパネルコントローラ(USB)[CY-4W-USB-03]
主な仕様(Aitendoさんから主なものを引用)
・タッチパネルコントローラ、USBパワーで電源供給、別途電源アダプタは必要ない、消費電流:70〜100mA、
・4-wire抵抗膜型タッチスクリーン対応、
・付属品:USB側接続ケーブル、タッチスクリーン側ピッチ変換ケーブル(2.0mmピッチ2.54mmピッチ)
・搭載チップXPT2046

works21

マザーユニットと液晶パネル接続_201210

vostro1014のマザーユニットと液晶パネルを接続しました。

液晶パネルは、以前購入のfujitsu siemens lifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身パーツで、液晶型名は HV133WX1-100
液晶接続ケーブルは、vostro1015上半身液晶割れ(液晶型名 LP156WH2でした)が手に入ったのでマザー側ピンアサイン解析兼ねてケーブル活用
2つが接続互換だと楽ですが、残念ながら液晶側のコネクタ形状が合いません。
なので、変換する必要あり。
液晶パネル LP156WH2 は割れているので使い道が無い。コネクタ部のみ切り出して、写真のようにつなぎました。
切り出したコネクタ部と液晶パネル側HV133WX1側とは自作配線、液晶パネル内のはんだ付けしやすい箇所を探して接続してます。
接続箇所は液晶パネルのデータシートが入手できたのでコネクタピンアサインから探せます。

写真の赤丸:LVDS信号は、受端のチップ抵抗100ohmの両端に接続
写真の青丸:EDIDのICまわりから、DDC-CLK,DDC-DATA,EDID電源3.3Vを接続
写真の水色:LEDバックライトの生成部ですが、ここからPWM brightness control,LED on/off controlを接続
この世代のマザーは、EDID情報よりLVDS駆動するのでEDID接続はたぶん必須
PWM brightness control,LED on/off controlの接続は無しでも輝度100%(おそらく)で光りましたが室内では明るすぎな感じだったので今回接続することに。

結果は、写真の状態でうまく映りましたよ (*^^*)

works21

マザーユニットと液晶パネル接続

vostro1014のマザーユニットと液晶パネルを接続しました。

液晶パネルは、以前購入のfujitsu siemens lifebook t5010 というTablet PCモデルの上半身パーツで、液晶型名は HV133WX1-100
液晶接続ケーブルは、vostro1015上半身液晶割れ(液晶型名 LP156WH2でした)が手に入ったのでマザー側ピンアサイン解析兼ねてケーブル活用
2つが接続互換だと楽ですが、残念ながら液晶側のコネクタ形状が合いません。
なので、変換する必要あり。
液晶パネル LP156WH2 は割れているので使い道が無い。コネクタ部のみ切り出して、写真のようにつなぎました。
切り出したコネクタ部と液晶パネル側HV133WX1側とは自作配線、液晶パネル内のはんだ付けしやすい箇所を探して接続してます。
接続箇所は液晶パネルのデータシートが入手できたのでコネクタピンアサインから探せます。

写真の赤丸:LVDS信号は、受端のチップ抵抗100ohmの両端に接続
写真の青丸:EDIDのICまわりから、DDC-CLK,DDC-DATA,EDID電源3.3Vを接続
写真の水色:LEDバックライトの生成部ですが、ここからPWM brightness control,LED on/off controlを接続
この世代のマザーは、EDID情報よりLVDS駆動するのでEDID接続はたぶん必須
PWM brightness control,LED on/off controlの接続は無しでも輝度100%(おそらく)で光りましたが室内では明るすぎな感じだったので今回接続することに。

結果は、写真の状態でうまく映りましたよ (*^^*)

works21

マザーユニットの取付け

前回のマザーユニット、取付け加工中です。

加工したのは、ねじの追加
マザーユニットは、左右重心を中央に、上下はなるべく下にして配置
ねじ頭が内部でじゃまにならないかなど結構悩む。低頭ねじという頭が低いねじが世間にあるので利用できると良かったが、近くのDIYに希望の長さが無かった。
通販購入も考えたが、結局、普通のなべねじΦ2.6 x 15mmを使用している。

works21

Works21のマザーユニット

最近、更新滞ってますが、次作のWorks21に使うマザーユニットがだいたいできたので公開
マザーは前作と同じVostro 1014ノート(chipset GM45)のもの、CPUはモバイルCore2 P8400 (2.26GHz/3M/1066)使いました。
前作との違いはファンレス冷却を改良してます。

大きめのヒートシンクを調達、写真のものですが定電圧電源などに使われてるものでしょうか?
マザー側のCPUファン固定ネジ位置に合わせて取り付けることを想定したので、フィンの間隔が広めのものを選びました。

難しいのは、ヒートシンク厚みが4mmあるのでネジ穴を垂直にあけること。
アルミ板だと多少傾いていても影響ないですが、4mmあってフィンとフィンの間にきっちり合わせる必要があったので意外と難しいです。ボール盤あれば垂直に穴があきますが、普通の電気ドリルしかない・・・なんとか合いました(^^;

で肝心の冷却性能ですが、
動作はWindows Media Centerを1時間ほど連続再生。
MP3音楽再生ですが背景処理が重く、ハイビジョン映像再生よりCPU使用率高いです。
動作中の電力は電流見るとDC20Vで1A前後なのでマザーの消費電力20W程度。
CPU使用率25%前後連続で、コア温度50℃で安定してるよう。

ヒートシンクさわると結構熱いです。もう少しヌルいかなと思ったのですがファンレス放熱は難しいですね (v_v)
ちなみにCPU使用率100%ピークの時は消費電流2A弱だったので消費電力は倍の40W。
使用率100%連続稼働はちょっと無理かもですが、Windows Media Centerの実用には問題なさそうです。

ということで、今回これを使って制作継続・・・
ところでwindows8 RP版使いましたが、DP版に入っていたWindows Media CenterがRP版には入っていません。
なんで?と思って調べると、別途Microsoftから落とす必要ありでした。
>>>Windows Media Center はどこにありますか。

モバイルCore2DuoのTDPについて
プロセッサー・ナンバー、Txxxx番台はTDP 35W
SPxxxx、Pxxxx番台はTDP 25W (今回使ったのはこのクラス)
SLxxxx、Lxxxx番台はTDP 17W
SUxxxx、Uxxxx番台はTDP 10W
なので、TDP 17W、TDP 10WのCore2を使えば放熱は当然楽です。
でもこのクラスってリアルモバイルノートPC向なのでCPUパッケージが一般にBGAです。
Socket-P uPGAゲタ付の例外あるようですけどね。(T^T)

works20

Works20 Zero-Spindle PC (制作編)

制作記事はこちらのHomepage(Zero-Spindle PC)になります。

前回の投稿で、このWorks20のメディア再生ソフトとしてWindows Media Center 使う予定としましたが
実際に使ってみました。予想外に使い勝手は良かったです~

アルバムの選択画面
アーティストごとにCDジャケットが並ぶので選びやすいです。

CDアルバム再生中
後ろの背景はアルバム全体のCDジャケットからランダムに生成しているようです。
この背景は再生中ゆっくり下方に移動します。
これはなかなか◎です。

works20

Works20 Zero-Spindle PC完成

半年前に購入した、Vostro1014マザー ↓
保守部品でしょうね。Date 2009/07/17とラベル記載あったので比較的新しめ。
vostro1014mather

マザーユニット
写真の状態で動作します。ファンレスでSSDドライブ使ったので、Zero Spindle になってます。
購入マザーから加工したのは、
● CPU取付
SocketPノートでチップセットGM45からCPUは、Core2Duo P7450(2.13GHz/3MB/1066MHz/TDP 25W)を選択
Pxxx番台なのでTxxx番台のTDP35Wよりちょっと省電力なはず・・・
● ヒートシンク
1.5tアルミ板にデスクトップPC(Pen2?世代Slot1?)についていたヒートシンクを加工して取付。
マザー動作実測電流からはアルミ板だけでもいけそうだったのですが、TDP 25Wなのでヒートシンク追加。
使った感じは動画再生数十分で、さわってホンワカ程度、まあまあと思います。
● SSDドライブ
ビデオとMP3ファイル再生で液晶TVとセットで使う想定なので無音にするためSSD選定。
Silicon Power 社の2.5″SATA II Solid State Disk(32GB) をAmazon@3750 で購入。
市販最安と思いますが、それなりの値段はしますね。
ソースデータは家庭内ファイルサーバからなので、ディスク容量は無くても構わないです。
この用途だと32GBよりさらに小さくてもかまわないのですが、これよりSSD安価品は見つからず。
● ATA配線
マザーとのSATA配線は、デスクトップ用のSATAケーブルを途中で切断してはんだ付けしてます。
なお、オンボードでドライブを直接実装しなかったのは、ヒートシンク面積を確保したかったため。
● あとは電源コネクタ、電源LED(USB5Vで点灯)、電源ボタンを追加
works20mather

Works20完成
リビングの液晶TVの背面に取付けできるようケース付けました。
ケースは1tアルミから箱折りしたもの。マザーは高さ6mmのスペーサでケースに固定してます。
面白みが何もないケース(といえるのか?)ですが、TV背面に置くので最小加工ということにしてます。
works20zerospindlepc

Works20 back T.V.
リビングの液晶TVの背面に取付けた状態の写真
重さ720gしかないので、取付けというよりフックでぶら下がっている感じ。
works20onTV

取り付けブラケット
写真のブラケットの2箇所のフックで、PCがぶら下がります。
写真のブラケットは、液晶TVのプラスチックにタッピングねじで固定。
bracket

OS起動時間
そもそも今回作る気になったのは、Windows8 Developer Preview版のOS起動時間が早かったから。
TVと一緒に家電っぽく使うには、電源オン時間を短くしたかったので・・・・
テスト中は普通のSATA-HDDドライブで、OSインスト直後すっぴんのOS起動時間は次でした
● Windows8 Developer Preview版 → OS起動時間約30秒(早い!)
● Windows8 Consumer Preview版 → OS起動時間約50秒(Win7と変わらない・・・今年出る製品版もたぶんそう>感想は敢えて言わず)
● Windows7 Pro. → OS起動時間約50秒(基準)

この世代ノートでSATA-HDDドライブを普通?のSSDにするとOS起動時間はだいたい2/3程度に短縮される個人経験則なので、
今回SSDにすると起動時間は20秒ぐらいでいけるだろうと。
せっかくなのでOS起動時間をビデオ撮影しました(↓)
電源オンからOS起動、その後シャットダウンまで、約1分です。
[flv:windows8DP_poweron.flv 640 380]


ポインティングデバイス
ビデオとMP3ファイル再生で液晶TVとセットで使う想定なので大事になってくるのがポインティングデバイス。
Riitek 、Model:RT-MWK02 という、Bluetoothのミニキーボード&パッド一体のデバイスを購入
これが、すこぶる調子悪いです。。。

調子がいい時は問題ないのですが何かの調子でポインタが音トビのように動き出して使えない・・・
このデバイスのせいなのか、OS側の制約なのか未だわからず。
写真右の、Bluetoothマウスと併用してます。
pointing-devices

ところでリビングTVでビデオとMP3ファイル再生用なら、プレイヤーはWindows Media Playerなどではなく、Windows Media Centerが非常に使い勝手が良いことが最近知りました。
おまけに、Windows Media Center専用リモコンまである。

ところがWindows8 Developer Preview版には、Windows Media Center入っていないです。
Windows8 Consumer Preview版には入ってました。

・・・
結論
Windows Media Center使うため、Windows7 Pro.を再インストする!!!(予定)
Win8は意味無し、作り始めた意気込みは崩れ去ってます・・・
Windows Media Center専用リモコンは昨日オクでポチリました。

・・・
ジャンク品再生のため、新品デバイス買って、そちらはお蔵入りするという矛盾?に最近悩んでます。
HDCP対応液晶ディスプレイ の時もそうだったし。
一応考えて買ったつもりなのですが、あとで無駄になるという失敗が_| ̄|○です。